「インスタ映え」でミラーレスが一眼レフ超えへ秒読み!?

経済インサイド

 スマートフォンに押され、苦境続きだったカメラ業界が息を吹き返すかもしれない。ミラーレスカメラの好調で、低迷してきたデジタルカメラの年間出荷額が平成29年に5年ぶりに増加に転じたのだ。カメラ不況を吹き飛ばす“神風”の到来となるか。各社ともミラーレスシフトを強め、反転攻勢ののろしを上げた。

 3月上旬、横浜市のパシフィコ横浜で開かれたカメラの展示会「CP+(シーピープラス)」。毎年7万人近くのカメラファンが訪れ、各社はこぞって力の入った展示を繰り広げる。このため、その年の業界のトレンドを映し出す鏡といえる。

 ミラーレスの新製品「X-H1」を同月発売したばかりの富士フイルムは前年比1.5倍の面積のブースを構え、X-H1を目玉展示に据えた。

 堅牢(けんろう)性を高めたボディーに、Xシリーズでは初となるボディー内手ぶれ補正機能を搭載した自慢のハイエンド(高級)機で、来場した大勢のファンの注目を集めた。 

 富士フイルムが初のミラーレス「X-Pro1」を発売したのは24年。以降、ミラーレスをカメラ事業の中核に据えた。この6年の改良の積み重ねで処理速度も向上し、スポーツ撮影もミラーレスで全く問題ない。ミラーなどが存在しない分、小型軽量化を実現でき、画質的には一眼レフと遜色ない。

 「交換用レンズもさまざまなバリエーションの26本がそろい、ミラーレスの課題は完全に解消された」

 同社光学・電子映像事業部の飯田年久事業部長はこう語って胸を張る。

 そして、一眼レフを手がける理由はもはや存在せず、そればかりか「市場はミラーレスが一眼レフをひっくり返す。(近い将来)ゲームチェンジが間違いなく起きる」と語った。

 実際、ミラーレスの動きは力強い。カメラ電子映像機器工業会(CIPA)のまとめでは、一眼レフカメラの出荷台数は24年の約1620万台から29年の約759万台へ右肩下がりで減少する中、ミラーレスは24年から28年まで300万台を維持し、29年は大きく伸びて400万台に乗せた。

 背景には、写真共有アプリ「インスタグラム」など会員制交流サイト(SNS)で美しい写真を見せたいという〝インスタ映え〟を意識するユーザーの増加がありそうだ。スマホに飽き足らないユーザーが一眼レフ並みの画質が得られる上、軽量コンパクトで扱いやすいミラーレスに乗り換えつつある。

 デジカメの昨年の総出荷額が約7928億円を記録し、前年実績を実に5年ぶりに上回ったのも、ミラーレスの好調が寄与しているのだ。スマホに市場を荒らされてきたカメラ業界にとってミラーレスはまさに干天の慈雨というべき存在となっている。

 こうした市場の変化に、一眼レフに最も強いとされるキヤノンも黙っていない。2月26日、ファミリー層向け主力ブランドに初めてミラーレス「EOS Kiss M」の投入を発表した。

 キヤノンはこれまで稼ぎ頭の一眼レフとの食い合いを懸念し、ミラーレスには慎重姿勢だった。

 しかし、キヤノンマーケティングジャパンの坂田正弘社長は新製品発表会の場で、「ミラーレスと一眼との食い合いが起きることがあったとしても、ミラーレスで国内シェアナンバーワンを達成していく」と明言。積極姿勢に転じる考えを表明した。

 CP+の会場でもその新製品を所狭しと並べて猛プッシュ。ミラーレス市場の波に乗り遅れまいとする姿勢をだれもが感じ取ったに違いない。

 やはり一眼レフに強いニコンもミラーレスの開発を急ピッチで進め、30年度中に発売する方針をすでに明らかにしている。一部では「海外の大規模展示会でお披露目するのではないか」(業界関係者)ともささやかれる。

 また、ソニーも得意とする35ミリ判フルサイズの「イメージセンサー」(光の明暗を電気信号に変換する半導体素子)を搭載した新製品のミラーレス「α7III」をCP+に出展。実機を試そうというソニーファンが大行列を作り、話題をさらった。

 調査会社BCNの道越一郎チーフエグゼクティブアナリストは「トップメーカーのキヤノンが重い腰を上げ、Kissブランドのミラーレスを出したことで、業界のミラーレスシフトはさらに加速するだろう」と分析する。そして「ミラーレスの販売台数は今年、一眼レフを上回り5割を超える」と予測した。

 ミラーレスをめぐって各社が繰り広げる“ガチンコ対決”。つばぜり合いは一層、熱を帯びることになりそうだ。(経済本部 柳原一哉)

 ミラーレスカメラ 一眼レフカメラの光学ファインダーや、レンズがとらえた光をファインダーに導くための反射板(ミラー)をなくしたカメラ。「電子ビューファインダー」で被写体を見る。ミラーを高速で作動させる複雑な構造も不要になり、コストダウンのほか、カメラの小型・軽量化にもつながった。