熾烈を極めたソ連軍の砲撃 関東軍は完全に不意を突かれた

昭和天皇の87年
画=筑紫直弘

関東軍最後の戦い(1)

 中国黒竜江省虎林市の郊外、中露国境のウスリー河を望む丘陵の地下に、約80年前につくられた巨大なコンクリート建造群が今も残る。

 虎頭要塞-。第二次世界大戦の直前、まだ物資が豊富な時代に4年余の歳月をかけて完成した、関東軍の地下要塞だ。猛虎山、虎東山、虎北山、虎西山、虎嘯(こしょう)山、平頂山の6つの陣地で構成され、主陣地猛虎山の地下数十メートルには鉄筋コンクリートのトンネル網が縦横に延びる。

 大戦初期、要塞には東洋最大の41センチ榴弾(りゅうだん)砲1門、射程50キロの24センチ列車砲1両、30センチ榴弾砲2門、24センチ榴弾砲2門、15センチ加農(カノン)砲6門が設置され、第4国境守備隊8000人がソ連軍の侵攻に備えていた。

 だが、戦局の悪化にともない守備兵力の大部分が他の戦線に転用され、終戦直前の昭和20年7月に再編制された第15国境守備隊の兵力はわずか1400人にすぎなかった。

× × ×

 同年8月9日午前零時、この虎頭要塞に向けて、戦力十倍以上のソ連軍部隊が突如砲撃を開始した。その瞬間を、主陣地から離れた地点で警戒任務についていた七虎林監視隊の後藤守少尉が、こう書き残している。

 「突然南の方向で異様な光景が起こった。それは虎頭正面の『ソ』軍陣地から一斉に猛烈な砲撃が始まり遠く闇の彼方(かなた)に幾条かの光芒(こうぼう)が我が要塞に集中している。生まれて初めて見る壮大な光の束が一方向にウスリー河を越えているのだった」

 東部戦線のソ連軍にとって、シベリア鉄道を射程に収める虎頭要塞は最大の脅威だ。開戦直後に要塞を制圧しなければ、鉄道による補給路が断たれてしまう。このため砲撃は熾烈(しれつ)を極めた。

 一方、戦力寡少の要塞は完全に不意を突かれた。しかも守備隊長の西脇武大佐は作戦主任参謀らを連れて牡丹江(ぼたんこう・現中国黒竜江省牡丹江市)の第5軍司令部に出張中だった。

 かわって指揮をとった砲兵隊長の大木正大尉が第5軍司令部に開戦を急報。これが関東軍総司令部に伝わり、ソ連侵攻の第一報となった。

 ソ連軍の集中砲火は明け方の午前5時まで続き、猛虎山一体の山肌を深く削り取った。

 だが、関東軍は、なす術もなく蹂躙(じゅうりん)されたわけではない。

 突然のソ連侵攻を受け、満州の首都新京(現中国吉林省長春市)にある関東軍総司令部は当初混乱したが、午前6時、虎頭要塞を含む国境の各部隊に向けて、ついに「侵入し来る敵を破砕すべし」の作戦命令を発令する。

 準備を整えた要塞の各砲が、午前11時を期して一斉に火を噴いた-。(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

【参考・引用文献】

○防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 関東軍(二)関特演・終戦時の対ソ戦』(朝雲新聞社)

○平田文市編『ソ満国境 虎頭要塞の戦記』(全国虎頭会事務局)

ソ連侵攻 日本とソ連は昭和16(1941)年4月、相互の領土保全や不可侵などを定めた日ソ中立条約(有効期間5年)を締結した。しかしソ連は20年4月、日本が求めていた同条約の延長を拒否した上、同年8月9日午前零時、有効期間が残っていた同条約を破り、突如として満州に侵攻した。関東軍もソ連の侵攻を予想していたが、早くても秋以降になると楽観しており、戦術的にも戦略的にも急襲を受ける形になった

関東軍 日露戦争後、日本の租借地となった中国・遼東(りょうとう)半島南端の関東州と南満州鉄道(満鉄)の権益保護のため、中国東北部に駐屯した日本陸軍の部隊。のちに満州全域を管轄し、ソ連軍と対峙(たいじ)するため精鋭が集められた。しかし南方戦線が悪化した昭和18年以降、精鋭部隊が次々と引き抜かれて弱体化。終戦前には、ソ連の侵攻兵力が兵員157万人、火砲2万6100門、戦車・自走砲5500両、航空機3400機だったのに対し、関東軍は兵員70万人ながら3割強は補充兵で、火砲1000門、戦車200両、航空機200機にすぎなかった。