【スポーツ異聞】韓国サッカーのエース、ソン・フンミンに「兵役」の難題浮上 移籍金約118億円が霧散!? - 産経ニュース

【スポーツ異聞】韓国サッカーのエース、ソン・フンミンに「兵役」の難題浮上 移籍金約118億円が霧散!?

韓国サッカー界のエース、ソン・フンミンに兵役の難問が立ちはだかっている(ロイター)
韓国サッカー界のエース、ソン・フンミンに兵役の難問が立ちはだかっている(ロイター)
韓国サッカー界のエース、ソン・フンミン(左)に兵役の難問が立ちはだかっている(ロイター)
韓国サッカー界のエース、ソン・フンミン(手前)に兵役の難問が立ちはだかっている(ロイター)
韓国サッカー界のエース、ソン・フンミン(中央)に兵役の難問が立ちはだかっている(AP)
韓国サッカー界のエース、ソン・フンミン(左)に兵役の難問が立ちはだかっている(ロイター)
 今や韓国サッカー界を代表するエースストライカーと称されるソン・フンミン(25、トットナム)が、“難局”に立たされている。韓国男性の義務である兵役の免除資格を得ておらず、このままでは2019年に入隊せざるを得ない。韓国ではここ数年、兵役忌避が社会問題化しているが、今回のソン・フンミンの事例でスポーツ選手の兵役関連規定の改定を求める意見も出ているという。
 「トットナムがソン・フンミンを2年間失うかもしれない」-。英紙「サン」の報道がこの問題の火付け役だった。韓国の中央日報(日本語電子版)も最近、「ソン・フンミンの兵役問題が国内外で話題」と伝えた。東亜日報(同)も「ソン・フンミン最大の悩みは兵役である」と報じた。
 韓国では男性に兵役の義務があり、ソン・フンミンの場合、満28歳になる前に21カ月間の服務に就かなければならないのだ。
 韓国の兵役法では、正当な理由なく入営を拒否すると3年以下の懲役が科される。それでも自らの身体を傷つけたり、精神疾患を偽るなどして兵役逃れをして逮捕される事例が頻発している。大統領選の公約に兵役期間(21カ月~36カ月)の短縮が盛り込まれるほどだ。
 韓国国民は、権力者による子供の不正入学と兵役逃れに敏感に反応し、厳しく批判する傾向がある。ところが、東亜日報によると、感動や歓喜を与えてくれた五輪メダリストやアジア大会の勝者が兵役を免除されることに対しては、大きな抵抗感はないという。
 韓国では1990年から、五輪で金、銀、銅メダルを獲得するかアジア大会で優勝すると、兵役免除の恩恵を受けられるようになっている。最近では、サッカー欧州リーグでプレーしたパク・チュヨン(32)が、2012年ロンドン五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場して銅メダルを獲得し、兵役を免除された。
 しかし、ソン・フンミンはこの条件に合致していない。韓国が銅メダルを獲得したロンドン五輪でも、金メダルを手にした2014年仁川アジア大会でも、代表に選出されなかったのだ。
 ソン・フンミンは今季、イングランド・プレミアリーグでチーム2位の12得点(3月18日時点)を挙げている。現在、予想される移籍金は9040万ユーロ(約118億8400万円)に上るという。
 中央日報によると、大統領府の国民請願掲示板には、ソン・フンミンの欧州リーグでの活躍が国威高揚に寄与しているとして、「兵役特例にしよう」との書き込みが多く寄せられているという。最近の世論調査では、「時期を遅らせて選手生活を維持できるように支援しよう」という回答が44.3%、「兵役を免除すべき」が30.9%に達し、好意的な意見は反対意見(20.6%)の3倍に上った。
 最も現実的な手段は今年8月にインドネシアの首都ジャカルタで開催されるアジア大会で、金メダルを獲得することだ。
 大会に出場するU-23(23歳以下)のキム・ハクボム監督は、OA枠でソン・フンミンを選出することを示唆。国際サッカー連盟(FIFA)の主管試合に含まれないため、チームは招集を拒否できるが、トットナムは韓国サッカー協会と予備協議に入るなど積極的に動いているという。
 東亜日報によると、韓国国内では、五輪やアジア大会以外の国際大会における選手の成績と出場回数をポイント化する制度を導入し、ポイントによって兵役を免除することも検討すべきだ、との意見も出ているという。