【きょう読まれているニュース】【ソウルから 倭人の眼】日本は焦らねばならないのか 米朝会談めぐる日本の“孤立”に韓国は期待? - 産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【ソウルから 倭人の眼】日本は焦らねばならないのか 米朝会談めぐる日本の“孤立”に韓国は期待?

 米朝首脳会談について報じた韓国各紙=10日、ソウル(共同)
 きょう(3月25日)、読まれている記事ランキングです。
1位:【ソウルから 倭人の眼】日本は焦らねばならないのか 米朝会談めぐる日本の“孤立”に韓国は期待?
 米朝首脳会談が行われる見通しとなったことで、韓国では「日本が焦り、慌てている」といった見方がメディアを中心に定着している。トランプ米大統領が5月までに北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談を行う意向を示したことは、大きなニュースではあるが、日本政府は慎重に状況を見極めようとしている。にもかかわらず韓国は、日本が絶対に焦っていると思いたいかのようだ。【続きを読む】
2位:【スキー】高梨沙羅、単独最多の通算54勝 W杯ジャンプ女子
 ノルディックスキーのジャンプ女子で、平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(21)=クラレ=が24日、ドイツのオーベルストドルフで行われたワールドカップ(W杯)個人第14戦で今季初優勝し、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝に到達した。【続きを読む】
3位:任侠山口組系会長襲われる 後ろから殴られ頭負傷、大阪のパチンコ店
 24日午後6時50分ごろ、大阪市西区九条のパチンコ店で、指定暴力団任侠(にんきょう)山口組系山本会会長の男性(54)が男に殴られ、頭などを負傷した。任侠山口組は指定暴力団神戸山口組から昨年4月に離脱し結成された。大阪府警西署は離脱に絡んだ傷害事件の可能性もあるとみて、現場から逃げた男の行方を追っている。【続きを読む】
4位:【自民党大会】メダリスト高木美帆がサプライズ登場 「冬季スポーツのトレーニングセンターを」と“陳情”
 自民党大会が25日午前、東京都内のホテルで始まり、冒頭に平昌冬季五輪で金、銀、銅メダルをそろえ、日本勢個人最多の3メダルを獲得したスピードスケート女子の高木美帆選手(日体大助手)がサプライズで登場した。【続きを読む】
5位:【公文書改竄 元財務官僚・高橋洋一が斬る】(中)財務省は忖度しない
 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で、よく取り上げられる「特殊性」とは、森友学園への貸し付けが特例的に3年から10年に延長されていた▽ごみが大量に埋まっていた▽いろいろ要求を突き付けてくる籠池泰典前理事長との契約-ということです。【続きを読む】