【プロが指南 就活の極意】難関大学の倍率は10~20倍。難関企業の倍率は… - 産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】難関大学の倍率は10~20倍。難関企業の倍率は…

企業の合同説明会の会場前には学生が並んだ=3月1日、大阪市住之江区(前川純一郎撮影
 就職活動する学生は年間約50万人存在するといわれています。その中で大手企業(従業員1000人以上の企業)の新卒採用枠は約10万人といわれています。学生が企業を選ぶ際にうまくバラければ倍率も低くなり内定が獲りやすくなるのですが、残念ながら学生が選ぶ企業は一部に集中してしまいます。どれだけ内定を得るのが難しいのかを理解しないまま就活するのは危険なので注意しましょう。
 大学受験を突破した学生からすると、就活も大学受験と同じような感覚で臨んでしまうケースは多いと思います。しかし、内定倍率が大きく異なることを理解する必要があります。では人気企業の倍率はいかほどでしょうか。数百倍~数千倍になります。イメージしにくいかもしれまんが、例えば100倍の倍率となる企業であれば「100人の中から一番良い学生を1人選べばいい」となると考えてください。人気企業であればあるほど倍率は高くなり、高くなった倍率を突破する必要があるのですが、就活は不平等かつ不公平であるということも理解する必要があります。採用には学歴が大きく関わっているからです。「学歴フィルター」というものが存在し、書類選考の段階などである一定レベルの学歴以外は面接に進むことが難しくなります。
 一方で就活には、正しいモノの見方を難しくしている要因が身近にあります。
 その一つが、先輩の影響です。部活動やサークル、アルバイトなど就活に成功した先輩の話には説得力があり、インパクトがあります。そのため「先輩の内定先はよい企業だろう。私も入社できたらいいな」と考えてしまうのです。
 特に危険なケースはすごいと思っていない先輩が大手企業から内定を獲得したときです。「そこまでアクティブに活動していなくても内定をもらえるのか。あの先輩がもらえたのなら、私にもチャンスがあるかもしれない」と考えてしまうのです。先輩の影での努力や苦労を知らずに、自分自身も受かる可能性があると判断してしまうと危険です。
 次にご両親の影響です。最近は、親が就活に協力的な時代となっています。本人は興味がなくても半ば強制的に受けさせるケースがあります。モチベーションが低いまま就活に臨んでしまうのです。人気企業で内定を獲るには熱意も必要ですので注意しましょう。
 以上の背景から人気企業を志す学生は多いです。学生自身は人気企業に入ることは難しいと分かっていても、自分の都合が良い解釈をし「私も入社できるかもしれない」と思ってしまいます。都合の良い解釈は正しい努力を阻害する要因になります。
 ちなみに断っておくと、大手企業を志すことを反対しているわけではありません。大手企業に入ることの難しさを認識してほしいと思っています。そのため、大手企業に入るために何が必要かを考えてほしいのです。どんなに素晴らしい経験をしていても、どんなに素晴らしい思いで活動していても、伝わらなければ全く意味がありません。整理の仕方や伝え方も重要になってきます。人気企業から内定を獲得する学生はこのようなことに真摯(しんし)に取り組み、努力を結果に変えているケースがほとんどです。(「内定塾」講師 齋藤弘透)
 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。
内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/
内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/
内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku