就活本番3月1日スタート 死にものぐるいで取り組もう

プロが指南 就活の極意
昨年3月に開かれた合同企業説明会=千葉市の幕張メッセ

 就職活動本番となる企業広報の解禁日となりました。現在の学生の就活スケジュールは、スタートから選考までの期間がわずか3カ月という短期集中型です。スタートとなる3月からの本番に向けて今まで着々と準備を進めてきたことと思います。毎年、3月は多忙なスケジュールになるため、突然の変化に心身ともに疲弊する学生が続出します。何も知らないと後悔に繋がりますので注意してください。

 毎年、企業へのエントリーとセミナー参加時期はどちらも3月に集中しています。3月は、一斉にエントリーが始まり、セミナーや説明会も連日開催されるため、学生は就活漬けの日々が始まります。1日に複数企業の説明会に参加するのも当たり前という状況になるため、学生からも「慣れないスーツを着るのも、慣れない場所に移動するのもつらい」「思っていた以上にやるべきことが多く、自分がしていることが正解か分からず不安」といった声を多く耳にします。

 そして、意外と思う人も多いかもしれませんが、エントリーシート(ES)の提出が求められるのも3月です。「締め切りに追われ、予定した企業よりも少なくなってしまった」という人も少なくありません。ESは基本的には自宅で書くことが主ですが、企業によっては説明会の会場で書かせる企業もあるため、説明会には作成した履歴書を持参すると良いでしょう。またESを仕上げるのに、数日かかる人も珍しくありません。締め切り直前になってから書き出すのはもってのほかですので、計画的に準備しましょう。

 説明会への参加やES作成は一つ一つが大変だということをご理解いただけたと思います。その大変なことが重なり、集中するのが3月です。この1カ月が今後の就活を占うといっても過言ではありません。気づいたときには、新たに興味を持った企業のエントリーが終了してしまっていたということにならないよう、今のうちから多めに企業をリストアップしておくことをおすすめします。死にものぐるいで取り組みましょう。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku