習近平氏「クローン人間」であふれかえる共産党 中国軍にロボット兵士が誕生へ

野口裕之の軍事情勢
左から、後ろ向きにジャンプして回転しながら着地する人間型ロボット「アトラス」(ボストン・ダイナミクスの動画から)

 中国科学院が2匹のカニクイザルを「製造」したが、人間と同じ霊長類系クローン初出現の「怪挙」に、常識ある科学者が「倫理にもとる」と世界中で批判の声をあげている。しかし、筆者は少しも驚かなかった。中国は「倫理にもとる」国ではない。ハナから「倫理がない」国なのだ。しかも、既に中国共産党・政府内には、習近平・国家主席の「クローン人間」があふれかえっているではないか。発言を注意して聞かずとも、独裁路線をひた走る習氏の露骨かつ情けないイエスマンばかり。「習氏の細胞より増殖し、それと完全に同じ形質と遺伝子を受け継ぐ」手下どもがウヨウヨ湧いている。

 例えば、米国防総省が1月19日に発表した《2018国家防衛戦略》をめぐる米中確執。中国の覇権主義を非難した至極真っ当な内容だが当然、中国・国防部の任国強・報道官が会見で抗議した。

 いわく-

 「米国の国家防衛戦略は『中国軍事脅威論』を誇張し、根拠のない、冷戦時代の色合いを濃厚に残した報告書だ。中国は防御的国防政策を堅持し、常に世界平和の建設者であり、国際秩序の擁護者である。心根が悪く覇権思想を持っている『どこかの国』(米国)と違い、中国は覇権の意思は全くない。中国が南シナ海で人工島礁を平和的発展に向け建設しているのは、あくまで主権の範囲内のこと。『ある国』は南シナ海の波が穏やかであるのを見たくないようだ」

 本来なら、自らの発言におかしさがこみ上げ吹き出す場面だが、そこは「クローン官僚」。ニコリともしないで、習近平・国家主席の顔を思い浮かべながら、迫真の抗議を演じきった。けれども、SF映画よろしく、中国の「クローン官僚」が常識&真実に目覚めてしまうと、次のような本音を公言してしまうに違いない。

 「米国の国家防衛戦略は『中国軍事脅威論』を正面から見据え、根拠豊かな、冷戦時代の残滓(ざんし)を狡猾に利用した中国に対する報告書だ。中国は侵略的軍事政策を堅持し、常に世界平和の破壊者であり、国際秩序の破壊者である。心根が悪く覇権思想を持っており、アジア覇権を目指しヤル気満々だ。中国が南シナ海で人工島礁を領土・資源拡張に向け建設しているのはもちろん、一部関係国の主権干犯に当たる。中国は、南シナ海の波が穏やかであるのを見たくない」

「AIによる軍事革命」をひた走る中国

 先進各国ではクローン人間の作成は強く規制されているが、共産党の絶対監視下に置かれる中国科学院の「クローン(御用)科学者」は言い切った。

 「クローン人間を生み出す技術的障壁は除去された」

 さすがに、世界的権威のある科学誌《ネイチャー》や《サイエンス》が2015年、「倫理的理由」をもって、人間の受精卵の遺伝子を編集した中国人科学者の研究論文を掲載拒否している。

 両誌は、「クローン兵士」の増産を目指す中国共産党の陰謀臭を嗅ぎ取ったのやもしれない。 

 さて、中国人民解放軍が凄まじい量のエネルギーを注いでいる「ロボット兵士」に関する最新情報をお知らせしたい。

 その前に、福澤諭吉(1835~1901年)の中国・朝鮮観を紹介しておく。

 中国人民解放軍に限って言えば、「クローン兵士」も「ロボット兵士」も第一次世界大戦(1914~18年)で投入された毒ガスのごとき「戦場倫理」を無視した、手段を選ばぬ邪悪な運用方法に走るに違いない。従って、中国・朝鮮の正体を学習しておく必要がある。

 《脱亜論》《朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す》《文明論之概略》などを総合・意訳すると、福澤はこう看破した。

 (1)過去に拘泥し、国際紛争でも「悪いのはそっち」と開き直って恥じない。この二国に国際常識を期待してはならない。

 (2)国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ二国と、隣国故に同一視されるのは一大不幸。

 (3)二国には国際の常識・法に従い接すべし。(国交は別として)気持ちにおいては断交する。

 (4)文明とは智徳の進歩なり。

 福澤の中国・朝鮮観をしっかり頭に入れて以下、お読みいただきたい。

 現在、軍事用ロボット開発の先頭ランナーは米国だ。

 高性能ロボットを多数発表している米国企業《ボストン・ダイナミクス》は2017年、2足歩行人型ロボット《アトラス》がバク転するシーンを動画で公開した。悪路でも転ばぬ抜群のバランス感覚+しゃがんでモノを持ち上げる動作+倒れても自分で起き上がる…優れた性能を保有。身体能力は、ロボット兵士出現を強く予感させた。

 米軍は1990年代後半以降、当時の最新技術であるIT(情報通信技術)を活かした《RMA=軍事における革命》を推進し、現代戦の先駆けとして自他共に認められ続けた。ステルス性能+精密誘導兵器+ハイテクセンサー+指揮統制システム…など、あらゆる分野で他国を圧倒した。

 一方、中国はその頃、米軍のRMAを徹底的に分析・研究し、時に技術や構成品を盗み出し、米軍の弱点を攻撃する非対称的手段=宇宙戦+サイバー戦+電子戦能力を磨いてきた。 

 ところが、中国は今や、兵器の無人ロボット化やミサイル技術とAI(人工知能)を融合し精度の向上を進め、米国を猛追。人民解放軍は《AIによる軍事革命》の真っ只中にある。

米軍も太刀打ちできぬ中国軍の「ミツバチ攻撃」とは?

 米国のシンクタンク《ジェイムズタウン財団》が発行する《チャイナ・ブリーフ》の2017年7月6日号に、軍事専門家エルサ・カニア女史が、中国のロボット開発の実態を報告している。

 カニア氏は米国防総省出身で中国・精華大学のシンクタンクへの留学歴がある人民解放軍に通じた研究者だ。

 いわく-

 《中国の商業用ドローンは、品質はともかく、生産量では世界一となった。価格面で日本メーカーも歯が立たず、日本の企業や個人の多くが中国製ドローンを利用する》

 その通りだが、次の一説には目がクギ付けとなった。

 《中国の軍略目標は『無人・無形・無声』の兵器開発であり、関連するAIにも資本を集中させている》

 『無人・無形・無声』兵器が中国人民解放軍の文化=人海戦術と融合すると大きな脅威となる。

 具体的には、人民解放軍は数百~数千機のドローンで空母を攻撃する戦法を編みだし、中国人民解放軍系の新聞&研究誌&論文に多くの成果を報告している。国営企業《中国電子科学研究院》も2017年6月、119個ものドローンの飛行テストに成功したもようだ。自律ロボット=ドローンの大群が衝突もせず編隊行動をしてのけたのは、AIが完璧に制御している証だ。

 米軍では、この戦法=飽和攻撃を『ミツバチ攻撃』と命名した。ミツバチなら羽音を鳴らす。が、『無人・無形・無声』かつ小さな自律無人機が大編隊を組む『ミツバチ攻撃』が完成すれば、イージス・システムなど米軍の防御網は太刀打ちできない。安価なドローンで巨額を投じて建造した空母の攻撃も現実になる、のである。米軍は防御・対抗策の選定に入っている。

 カニア氏によると、中国は-

 (1)習近平指導部が2017年7月に発表した《新世代のAI開発計画》に則り、AIを最優先技術と指定し、巨額を投じ《2030年までにAIで世界をリードする》という野心的目標の達成に向け邁進中。

 (2)習近平・国家主席が主唱する《軍民融合》の大号令の下、民間のAI技術を軍事利用し、《AIによる軍事革命》を実現せんとしている。

 (3)《AIによる軍事革命》の特徴の一つは、AIとロボット+ドローンに代表される無人システムとの合体で、同革命が戦争の様相を激変させる。

 確かに中国は、AIの特許出願数において米国に次ぐ第2位にのし上がり、AI関係論文数では米国を上回る。質でも米国を射程に収め始め、《AI発展委員会=旧・米国人工知能学会》主催のAIコンテストでは、中国の《顔認証》ベンチャー企業が優勝した。

 中国は民主主義国家がマネできぬ一党独裁の強権をフル行使し、予算の巨額投入+アクセス可能なビッグデータの存在+優秀な人材を集め教育する強制力…などをバックボーンに、米国を追い越すハラだ。

 特筆すべきは、中国の場合、主要IT企業たるバイドゥ▽アリババ▽テンセントは、ビッグデータにアクセスする権利を有し、《機械学習》+《言語処理》+《視覚認識》+《音声認識》といったAIの広い分野で驚異的技術を獲得した。

 言い換えれば、中国は政軍官民の境界なき国家体制を乱用。カニア氏が前述の(2)で警告したように、《軍民融合》を国家戦略に位置付け、中国共産党の「御用」をうけたまわる“民間”のAI技術を次々に軍事転用している。

 例を挙げれば、コンピューターを使った《画像認識》と《機械学習》の技術を進化させられれば、目標認識を不可欠とする各種兵器の能力が飛躍的にアップする。実際、中国人民解放軍のロボット+無人航空機+無人艦艇+無人潜水艦…などには自動運転車技術が応用されつつある。

 各種対空ミサイル・システムの自動標的追尾と標的決定+主力兵器の欠陥予測+サイバー戦への投入…に至っては、既に実戦配備完了を待つ段階だ。

「クローン・ロボット兵士」は民間人大虐殺集団・共産党軍のDNAを持つのか?

 《日本学術学会議》のごとく「軍産別離」を叫ぶ浮世離れした大学教授や研究者は、先進国や中国など独裁国家においても皆無なのが現実。中国の理系学生は米国留学し、市民権を得て研究機関や米国企業に就職したり、シリコンバレーで起業したりが当たり前だ。開発より技術乗っ取りが合理的と考えるためでもある。

 AIと無人システムの将来に何が待ち受けるのか?

 中国・科学技術委員会の委員長(中将)は、「AIは軍事作戦スタイルや兵器体系などを一新させる」と確信する。つまり、AIが《情報化戦争》をさらなる高みの《知能化戦争》へと導くというのだ。

 例えば、AIは、戦場における指揮官の状況判断と部隊運用を支える幕僚と化す。現に、中国共産党の中央軍事委員会・連合参謀部は、軍に指揮官の指揮統制能力を向上させるべくAIの導入を命じている。

 逆説的には、人間の指揮官の頭脳では戦闘時、AIの決心速度に追いつかなくなる状況を生起させてしまう。それゆえ、軍人は監督に徹し、AIと無人システムに戦争の大部分を任せるようになる。

 半面、AIはウォーゲーム+シミュレーション+訓練・演習のレベル底上げにも貢献。中国人民解放軍でも、AIが仮想現実技術と合体して、訓練・演習を実戦的内容に昇華する研究・実験が進められている。実戦経験の乏しい人民解放軍にとり不気味な“戦歴”を授与する事態となろう。

 中国は「ドローン兵士」や「ロボット兵士」を将来、いかに運用するのだろうか?

 ヒントは先述した福澤諭吉の中国観にある。いわく-

 《国際常識ナシ》

 《国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ国》

 《智徳の進歩なき非文明国》

 福澤ならぬともタメ息がでるが、大東亜戦争(1941~45年)で大陸で非戦闘員に陵辱・殺戮の限りを尽くした中国共産党軍&中国国民党軍のDNAを、クローン技術やAIに活用する悪夢を許してはならない。

 むしろ、精強なる大日本帝國陸海軍から逃げまくった共産党軍&国民党軍のDNAの継続こそ、かの国にはお似合いだ。