企業の広報活動が解禁される3月1日までに準備すべきコト

プロが指南 就活の極意
企業の担当者から説明を受ける就活生

 平成31年春卒業の就職活動生を対象にした企業の広報活動が解禁される3月1日が過ぎると、時間をかけて準備するのが難しくなります。毎年、「エントリーシート(ES)の締め切りが近く、企業説明会にほとんど行けない」「ESが多くたまっているからOB訪問のアポが取りたくても取れない」「やることが多くて、(SPIなど)筆記試験の準備ができない」といった声を多くの学生から耳にします。計画的に進めないと後になって後悔しますので注意しましょう。

 では「計画的に進める」とは、どのようなことでしょうか。現在、多くの就活生がインターンシップやセミナーなどさまざまな就活イベントに参加していると思います。しかし、計画的に進めることを勘違いしている就活生が多いように思います。ただ「こなしているだけ」で、身になっていない就活生が多いのです。今回は「計画的に進める」ために必要なことをお伝えしたいと思います。

現状を把握すること

 私の主観ではありますが、就活の目的は「内定」を取ることだと思います。自己満足の高い準備をしても、結果に繋がらなければ意味がありません。そのため、「内定」というゴールを意識し、いかに準備できるかがポイントになります。ではどうやったら内定を取れるのか。それは“本選考”を突破することです。本選考にはES、筆記試験、グループディスカッション(GD)、面接-が主に課せられます。そこで皆さんにやってほしいことがあります。

 【(1)選考試験の準備状況を項目ごとに分け、現在の状況を主観でいいので評価する】

 評価の仕方は次の4つ。

 ×(全然できない)

 △(できたりできなかったり)

 ○(大体できる)

 ◎(完璧)

 【(2)受ける業界や企業の選考時期を調べる】

 選考時期が分かったら、いつまでに「◎完璧」にしなければならないのかを見極めます。見極めたら、そこから逆算して日数を出してください。出てきた日数は最終期限になりますので、その最終期限に間に合うよう準備を進めてください。

対策方法

 現状を把握しても結局、何をしたらいいのか分からない就活生が多いと思います。まず、対策を始めてほしいものとして、私がお勧めしたいのは次の通りです。

 「頑張ったこと」「自己PR」「志望動機」3種類の質問の答えを早めに作っておく▽5割の出来栄えでも構わないので、先輩や大学のキャリアセンターの人に見てもらう▽OB・OGを積極的に訪問し、あらかじめ用意した内容を見てもらう。あまり伝わっていないようであれば修正し、指摘を受けた場合は面接対策用として準備し、ESの修正はしない-。

 この3つに取り組む上で注意してほしいのは、「さまざまな内定者や社員の方に聞くのは構わないが、全員の指摘したことを取り入れるのは不可能」ということです。100人にESを見せたら100通りの意見が返ってきますし、仮に百パーセントの出来栄えのESを学生から見せられても、何か指摘しないといけないという思いになってしまうので、信用する内定者や社会人を一人決めたら、その人にずっと見てもらうことを強く勧めます。

 以上は基礎の部分になります。この基礎ができたら後は応用です。予想外の質問にも一貫性を持って話せるよう過去に出題された質問を自ら調べ、対策を進めましょう。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku