【きょう読まれているニュース】【野口裕之の軍事情勢】五輪に備え日本のTV会社に中継車せがんだ北の工作員 文在寅氏に読ませたいテロの真相 - 産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【野口裕之の軍事情勢】五輪に備え日本のTV会社に中継車せがんだ北の工作員 文在寅氏に読ませたいテロの真相

9日、板門店で開かれた南北閣僚級会談で共同報道文を交換する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長(AP)
10日、南北閣僚級会談を受けてトランプ米大統領と電話会談する韓国の文在寅大統領=ソウル(韓国大統領府提供・聯合=共同)
ソウル五輪が行われたオリンピックスタジアム(1986年撮影、AP)
大韓航空機爆破事件で逮捕され、おぼつかない足取りで韓国・金甫空港に移送された金賢姫元工作員(1987年12月撮影)(共同)
インタビューに答える金賢姫元北朝鮮工作員=韓国国内(松本健吾撮影)
モスクワ市内の執務室で、自分の若い頃の写真を手にする旧ソ連元書記長のゴルバチョフ氏=2017年12月22日(共同)
昨年12月14日、北京の人民大会堂で開かれた歓迎式典に臨む韓国の文在寅大統領(右)と中国の習近平国家主席。両国は国交を樹立して昨年で25年を迎えた(ロイター)
平昌五輪の開閉会式が行われる「オリンピックプラザ」=6日(桜井紀雄撮影)
2018年の「新年の辞」を発表する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信撮影・共同)
昨年12月17日、北朝鮮の金正日総書記死去から6年を迎え、故金日成主席(左)と故金正日総書記の銅像が立つ万寿台の丘を訪れた兵士(右端)ら=平壌(共同)
弾道ミサイル「火星12」を見る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(手前)。朝鮮中央通信が昨年5月に配信した(朝鮮通信=共同)
 きょう(1月15日)、読まれている記事ランキングです。
1位:【野口裕之の軍事情勢】五輪に備え日本のTV会社に中継車せがんだ北の工作員 文在寅氏に読ませたいテロの真相
 平昌五輪の開催が2月9日に迫っているが、ソウル五輪(1988年)前にネタ元だった公安筋に告げられた、北朝鮮工作員が日本国内で繰り広げていた衝撃的暗躍の事実を、ふと思い出した。【続きを読む】
2位:【正論】謝罪より抗議・反論…評価できる安倍政権の対韓姿勢 慰安婦合意の履行を求め続けよ モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授・西岡力
 「また韓国がゴールポストを動かした」と、慰安婦問題をめぐる韓国・文在寅政権の対応に日本人があきれている。【続きを読む】
3位:テレビ朝日「ワイド!スクランブル」で音声出ないトラブル 「まったく原因わからない」
 テレビ朝日(東京)の15日午前の「ワイド!スクランブル」で音声トラブルがあり、一部の放送で音声が放送されない状態が発生した。【続きを読む】
4位:人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 福岡の60代女性、ジフテリアに似た菌
 犬や猫などから人間にうつるとされる人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが14日、厚生労働省への取材で分かった。【続きを読む】
5位:尖閣接続水域入域の中国潜水艦は「商」級攻撃型原潜 長射程巡航ミサイル搭載か 防衛相が発表
 小野寺五典防衛相は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣島)周辺の日本の接続水域を10、11両日に潜没航行した中国海軍の潜水艦は、「商」級の攻撃型原子力潜水艦だったと記者団に明らかにした。【続きを読む】