幻の古代生物「ホラアナライオン」 日露協力で生態解明へ

びっくりサイエンス

 約1万年前に絶滅したライオンの一種である「ホラアナライオン」が、シベリアの凍土の中から冷凍状態で相次ぎ見つかっている。古代生物といえばマンモスが有名だが、草食動物に比べて肉食動物はもともと数が少ないなどの理由で発見例は乏しく、「幻の古代生物」とも言われてきた。それが2015~17年の間に3頭も発見され、日露共同で解析が進んでおり、今後の成果への期待が高まっている。

 ホラアナライオンは文字通り洞穴にすんでいたと考えられ、シベリアの大地でマンモスの子供などを襲って食べていたとみられる。アフリカにいる現在のライオンと比べて体毛が多いのに対し、雄の特徴であるたてがみはなかったようだ。成長すると現生ライオンよりも大きかった可能性があるが、これまでに発見されていたのは僅かな骨格や足跡の化石くらいで、生態はほとんど分かっていなかった。

 ところが15年夏、ロシアの東シベリア・サハ共和国にある凍土の中から、兄弟とみられる子供2頭が冷凍状態で発見された。うち1頭は特に保存状態が良く、しま模様の体毛に覆われて眠るような表情をしていた。

 2頭はそれぞれ「ウヤン」「ディーナ」と名付けられ、年齢は生後1カ月程度と推定。保存状態が良かったウヤンは体長41センチ、体重は2・8キロで、頭部をよく見ると頬の体毛やひげの様子も見ることができた。放射性元素を用いた年代測定法で調べたところ、4万9千年以上前に生きていたようだ。

 今年9月には、同じサハ共和国内でさらにもう1頭が見つかり、「ボリス」と名付けられた。ボリスも保存状態が良好で、体長47・5センチ、体重4・6キロ。先の2頭よりも大きく、年上とみられている。本格的な解析はこれからで、性別や生きていた時期は明らかになっていない。

 ホラアナライオンの解析に大きな力を発揮しているのが、今年4月に発足した日露共同プロジェクトだ。ボリスの発見と同じ9月には、サハ共和国で行われたウヤンとディーナのコンピューター断層撮影(CT)の計測データを日本に持ち込み、東京慈恵会医科大の高次元医用画像工学研究所で詳細に分析した。

 冷凍状態で3頭ものホラアナライオンが見つかったことについて、11月に在日ロシア大使館(東京都港区)で記者会見した同研究所の鈴木直樹所長は「これなら生態をうかがい知ることができる。(胃に)内容物があれば、食べていたものもわかるだろう」と意義を強調。「膨大な情報を持っている。とてつもなく価値のあるもので、タイムマシンで昔に行ったようなものだ」と付け加えた。

 冷凍状態の古代生物といえばマンモスが有名だ。記者会見に同席したサハ共和国極地動物研究所のアルベルト・プロトポポフ所長によると、日本との研究交流は「ディーマ」という名のマンモスが見つかった東西冷戦期にさかのぼるという。プロトポポフ氏は「日本人が世界の中で最もマンモスに興味がある。こちらもそれに応えていきたい」と笑顔を見せた。

 ホラアナライオンの発見は日露交流史に新たな1ページを加えた形で、プロトポポフ氏は「日本はとても科学技術が進んだ国。ロシアにない設備もある。今後も互恵的な関係が築けていければ」と述べ、ホラアナライオンを通じた協力関係のさらなる進展に期待を寄せた。(科学部 小野晋史)