俳優、濱田岳 現代と噺の世界の“橋渡し役”「今はいろんなことに挑戦したい」

TVクリップ
超入門!落語THE MOVIE(NHK)で案内役を務めている俳優の濱田岳(松本健吾撮影)

超入門!落語THE MOVIE(NHK、木曜日午後10時25分)

 落語家がしゃべる噺(はなし)にあわせて、出演者が“口パク”芝居をすることで、落語をわかりやすく見せる異色の演芸番組。

 平成28年のパイロット版から、落語の「マクラ」にあたる番組導入部の案内人を務めている。同年10月から2月までレギュラー放送され、今年10月から再びレギュラー放送中だ。

 「2度目のレギュラー放送は、視聴者の方の声がなくてはできないこと。喜びは感じていますが、試験的な意味合いのあった前回のレギュラーのときより、さらに責任感を持って番組に臨まなくては」

 落語は落語家のせりふを聴いて、観客が頭の中で情景を描いて楽しむもの。余計なことをしたらいけない。そんな落語通の常識を破り、落語を可視化した。

 「落語の伝統からすると、タブーの一面はあるかもしれない。それを分かった上で、落語は本当にいいものだと伝えるために、落語の世界を映像でお見せしている。落語に最大限の敬意を払うことは忘れてはいけないと思っています」

 番組の案内役として、現代と噺の世界の“橋渡し役”を担う。落語の裾野を広げたいとの思いは強い。

 「番組の最後で毎回言っていることではありますが、興味を持ってくれたら寄席に足を運んでほしいですね。そうすれば、“あなたの想像力で無限に広がるエンターテインメント”という意味も伝わると思います」と、言葉に力を込める。

 落語の魅力については「しゃべっているのはおじさんなのに、おいらんがキセルをカーンとたたくしぐさがとても色っぽく見えるとか、小僧に見えてしまうとか。これは僕ら俳優にはこなせない。落語でしか表現できないこと」。

 NHKの朝ドラ「わろてんか」では主人公の実家の奉公人、風太役を好演している。

 「寄席が大事なワードになっていますし、落語家さんとは切っても切れない関係です。番組への思いは強まっているかもしれません」

 本業の俳優では、若手の演技派として評価は高い。

 「今までやったことのない役、悪役やクールな天才外科医とかをやってみたい。まずオファーはこないと思うんですけど(笑)。何でもこなせるのが役者として究極の部分だと思うので。今はいろんなことに挑戦したい」(文化部 栫井千春) 

 〈はまだ・がく〉昭和63年生まれ、東京都出身。平成10年にドラマ「ひとりぼっちの君に」(TBS系)でデビュー。以後、「3年B組金八先生」(TBSテレビ系)、「HERO」(フジテレビ系)、NHK大河「軍師官兵衛」、映画「アヒルと鴨のコインロッカー」「永遠の0」「ヒメアノ~ル」など出演作多数。NHKの連続テレビ小説「わろてんか」に風太役で出演中。