韓国初開催の米男子ツアーで恥ずかしい観戦マナー 世界4位が「ノーカメラ、ノーフラッシュ」 

スポーツ異聞
初めて韓国で開催された米ツアーでJ・トーマスはシャッター音にいらついた(AP)

 10月22日までの4日間、韓国で初めての米男子ツアー、ザ・CJカップ・ナインブリッジ(パー72)が韓国・済州島で開催され、世界ランキング4位(現在3位)のジャスティン・トーマス(24、米国)が通算9アンダーで並んだマーク・レイシュマン(34、豪州)をプレーオフで破り、2017~18年シーズンで初優勝を飾った。松山英樹(25)の宿敵としても知られるトーマスだが、韓国ではギャラリーの観戦マナーの悪さに苦しめられたという。韓国メディアは「成熟していないギャラリー文化は大会期間中、話題に上った」(コリア・タイムス)などと批評し、韓国選手は「恥ずかしいもの」として嘆いた。

 PGA(米男子ゴルフツアー)が韓国でツアー大会を開催する背景には、アジア市場の攻略が理由と「Sportal Korea」は解説した。今回のザ・CJカップには4日間で計3万5000人の観客が足を運んだという。最終日となった10月22日にはチケット価格が10万ウォン(約1万円)という高額にもかかわらず、1万3500人がゴルフ場に詰め掛けた。韓国でも世界一流プロの集客力が実証された格好だ。

 ところが、韓国ではギャラリーのスポーツ観戦文化が醸成されていない実態が図らずも露呈されてしまった。日本でも男子ツアーに石川遼(26)が登場した際、観戦層がゴルフをしない人にまで拡大し、芸能人にカメラを向けるように、選手がショットを打つ瞬間などに携帯電話で写真を撮るシャッター音が頻繁に聞かれたものだ。選手はショットを中断し、仕切り直しを余儀なくされた。

 ただ、韓国では度を超していると言わざるを得ない。昨季、全米プロ選手権でメジャーを初制覇したうえ、年間王者となったJ・トーマスは大会前から注目が高かった。そのため、初日のスタートホールとなった10番からスマートフォンのシャッター音にショットを乱し、苦しめられた。シャッター音はその後も「複数回炸裂した」と韓国メディアは紹介。イライラを募らせたJ・トーマスは遂に「ノーカメラ、ノーフラッシュ」と叫び、ギャラリーの自制を求めたそうだ。“被害者”はJ・トーマスだけではなかった。

 Sportal Koreaによると、韓国ではスマートフォンの撮影音が義務付けられているそうだ。政府が2004年、隠し撮りを防ぐために、携帯電話のカメラ撮影時で60~68デシベルの音が発生するように規定されているという。かなりうるさい部類に入る。

 シャッター音だけでなく、喫煙ブースがあるにもかかわらず、あちこちで喫煙するギャラリーの姿が見られたともいう。さらに、J・トーマスは最終日の11番でラフに落ちたボールをギャラリーが拾って投げるという「とんでもないこと」(コリア・タイムス)が起きていた。ここまで来ると、観戦マナーというよりも、社会的な常識やマナーを疑わせる。

 朝鮮日報は、大会スポンサーのCJグループが大会成功のために随所にボランティアを配置し、観客の秩序維持に「心血を傾けた」と報じた。しかし、ここまで見てきた通り、規律が働いたとは言い切れない。

 出場した韓国選手は「韓国選手として恥ずかしいものがあれば、これだ」とマナー違反に幻滅。韓国SBSテレビは「世界的な選手たちをまた韓国で見るには、ギャラリーの継続的な努力が必要だ」と40代の男性ファンの声を紹介した。韓国のネットユーザーも「韓国や中国のギャラリーのマナーの悪さは世界的にも有名」などと書き込んだ。今大会は今後10年開催されることから、韓国ギャラリーの観戦マナーを高めていく必要がある。