激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故

衝撃事件の核心

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。車を運転する人には、とても他人事と言えない事故だったからだ。ワゴン車の前に自分の車を停車させ、事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。神奈川県警の調べに「(夫婦の夫に)注意され、頭に来たのでやった」と供述している。捜査関係者は「長距離の運転もいとわない、いわゆるドライブ好き」と打ち明ける。より罰則の重い危険運転罪の適用を求める声もあがるなど、余波は広がっている。

 横浜観光の帰り道

 6月5日午後9時半ごろ。萩山友香さん(39)=静岡市清水区=が運転するワゴン車が、神奈川県中井町の「中井パーキングエリア(PA)」から出ようとしていた。駐車スペースからはみ出して止まっていた乗用車に、ワゴン車の後部座席にいた夫の嘉久さん(45)が「邪魔だ」と注意。悪夢はここから始まってしまった。

 男は、福岡県中間市の建設作業員、石橋和歩容疑者(25)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑などで逮捕。捜査関係者によると、この日は、知人女性を乗せて横浜市内の赤レンガ倉庫などを訪れ、帰路についたところだった。

 石橋容疑者は嘉久さんの一言に激高。ワゴン車を追走してすぐに追い抜くと、車線変更を繰り返した。妨害走行は約1分間、距離にして約1・4キロにわたって続き、友香さんはやむなく追い越し車線上で停車。「ケンカを売ってるのか?」。石橋容疑者は九州なまりの言葉ですごみ、ワゴン車内に身を乗り出して嘉久さんの胸ぐらをつかんだ。嘉久さんは「すいません」と謝ったが手を緩めず、車外に引きずり出そうとした。友香さんが運転席を降りて2人のそばに駆け寄った直後、後方からトラックが突っ込んだ。

 4カ月後の逮捕劇

 ワゴン車は追突の衝撃で前方の石橋容疑者の乗用車も巻き込み、中央分離帯にぶつかった。外にいた友香さんは全身を強く打って死亡。車内にいた嘉久さんも外に投げ出されて亡くなった。車内には高校1年の長女と小学6年の次女もいたが、いずれも軽傷。石橋容疑者と知人女性は腰の骨を折るなどの重傷だった。

 捜査関係者によると、長女らは「事故の前に石橋容疑者とトラブルになり、あおってきた」などと説明。一方、石橋容疑者は「(夫婦側に)あおられたり、パッシングされたりしたので停車した」などと話した。

 県警交通捜査課などは、当時現場周辺を走っていた260台以上の車両を防犯カメラなどで割り出し、運転手らの証言やドライブレコーダーの記録を収集。石橋容疑者の説明は虚偽と断定し、10月10日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで逮捕した。事故発生から約4カ月後のことだった。

 遺影に報告

 「あんなところに止めさせるなんて。怖かっただろう」。嘉久さんの母、文子さん(77)は当時の様子を想像し、声を震わせた。嘉久さん夫婦の遺影を手に、「良かったね。これで終わりじゃないけどね」と涙ながらに石橋容疑者の逮捕を報告したという。

 目の前で両親を失った娘2人は母親の友香さんの両親に引き取られている。友香さんの父親は「まだまだこれからだ。2人の子供が大人になるまでどうするか」と語った。逮捕を伝えると、長女はほっとしたような様子を見せたという。

 今後の焦点は、10月末とみられる起訴時の適用罪名だ。逮捕容疑は、自動車運転処罰法の過失致死傷(最高刑・懲役7年)にとどまった。県警はより罰則の重い刑法の危険運転致死傷罪(同懲役20年)の適用を検討したが、「運転中の事故ではないため、断念せざるを得なかった」(県警関係者)。同罪はカーチェイス中の事故など「運転する行為」を対象としている。

 交通トラブルなどに関する被害者支援を担当する畔柳秀勝弁護士は、「今後、似たような事故が起きた場合に向け、法整備の必要性は高い」との見方を示す。

 過去にも同種違反

 これまでの調べで、石橋容疑者が今回の事故の約1カ月前にも、山口県下関市の一般道で同様の妨害走行を3件起こしていたことが分かっている。そのうち5月9日の事案では、追い越そうとした車の進路を妨害して停車させようと幅寄せし、接触事故を起こしたという。山口県警はこの事故で、自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で書類送検していた。

 また、石橋容疑者の知人らによると、石橋容疑者は足でハンドルを操作したり、自分の思い通りに行かないと、相手の車に窓越しから「調子に乗るなよ」などと暴言を吐いたりすることもあったという。高速道路に限らず、悪質な走行は常態化していたとみられる。

 捜査関係者は石橋容疑者について、「職場などでのトラブルは確認されていない」としたうえで、「ハンドルを握ると攻撃的になる人は多いが、石橋容疑者もその一人だったのかもしれない」と、車に乗ると人格が変貌するタイプの可能性があると指摘する。今回の事故について、慶応大学の李●(=衣へんに偉のつくり)惟専任講師(リスクコミュニケーション学)は「心理学の分野でも性格と行動の関連を調べる研究は多い。運転行為と性格の関連も研究の余地がある」と語った。 

 警察庁のまとめによると、前方の車をあおって走行したなどとして摘発された事例は昨年1年間で7625件あり、うち高速道路での発生が6690件と全体の9割近くを占めた。

 神奈川県警交通捜査課は「あおり行為などを受けた場合は、あまり相手にせず自分の運転に集中してほしい」としている。