「日本はもうライバルと見てくれない」ヒディンク氏待望論の韓国サッカーに自虐的論評

スポーツ異聞
韓国内で代表監督への就任待望論の出るフース・ヒディンク氏。現在の韓国代表は国民も冷めた視線で見つめるほどだ(AP)

 韓国サッカー協会が国内ファン向けに“ガス抜き”を行った。9月27日に開いた技術委員会で、2002年日韓共催ワールドカップ(W杯)で韓国をベスト4に導いたフース・ヒディンク氏(70)の「代表監督を引き受ける用意がある」との発言を受けて、代表チーム強化の協力を仰ぐ考えを示した。9大会連続で2018年ロシアW杯に出場を決めたが、不甲斐ない成績での出場に本大会では惨敗すると早くも予想されているほど雰囲気は低調なところに、ヒディンク発言で韓国内では「ヒディンク待望論」の集会が開かれるほどだったからだ。そんな中、スポーツソウル紙は「日本はもう韓国サッカーをライバルに考えていない」と題して韓国サッカーの現状を論じ、中央日報は「過去最悪の危機の中でW杯スタート」と懸念を募らせる。

 すべての元凶は韓国サッカー協会に行き着く。ロシアW杯アジア最終予選で成績が低迷してもウリ・シュティーリケ前代表監督の更迭時期を先延ばしし、W杯出場決定を土俵際まで追い込んだ。選手から公然と監督の戦術批判が出ていたと韓国メディアが代表チーム内の混乱ぶりを報じていたにもかかわらずだ。韓国ネットユーザーからも「サッカー協会は現実を直視できない」などと書き込まれている。

 アジア最終予選の第9戦・イラン戦、最終戦・ウズベキスタン戦でともに0-0で引き分けた。「(W杯の)本大会レベルの競争力がないというのがファンの考えだ」と中央日報は伝えた。

 そこで、韓国のサッカー情勢を気に掛けているというヒディンク氏が「韓国国民が請うなら」という条件つきで代表監督を引き受けてもいいと発言したから韓国のサッカー・ファンが炎上した。9月23日にはソウル市内の韓国サッカー協会前で約20人の熱狂的なファンが長年の悪弊勢力を追い出してヒディンク氏を監督に迎えようなどと訴えたという。

 ヒディンク氏の発言が報道された当初、韓国サッカー協会は「誰もヒディンク氏の側の意向を聞いていない」などと反論していた。ところが、9月27日の技術委員会では「W杯で好成績を出すためにヒディンク氏の支援を受けることにし、技術委員も全員同意した」とキム・ホゴン技術委員長が語ったと中央日報は報じた。ロシア代表と親善試合を行う10月7日にヒディング氏と会談し、どんな役割を考えているか尋ねる意向のようだ。

 韓国代表が低迷し、韓国国民からも冷たい視線を投げかけられる中、スポーツソウル紙は9月25日、日本代表と韓国代表を比較。ロシアW杯アジア最終予選の序盤でつまずいた日本代表だが、バヒド・ハリルホジッチ監督が主力選手や欧州組でも体調が悪ければ起用しない「現実主義的な戦術を追求」し、B組1位でロシア行きを確定させたとした。そして、韓国サッカーに対する日本の関心が最近、急激に減っていると指摘。「イランとウズベキスタンはおろか、カタール、中国、シリアにも苦戦した韓国を日本はもうライバルと考えていない」と論じた。

 そして、韓国サッカーが日本に勝つことで存在意義を証明してきたと主張。「今の日本では韓国サッカーを意識していないだけでなく、見向きもしない。韓国サッカーは限りなく重い現実に直面している」と結論づけている。混迷の度合いは深いようだ。