自分という商品を売り込む それが面接だ!

プロが指南 就活の極意
損害保険ジャパン日本興亜の本社で、面接の受付をする学生たち=東京都新宿区

 就職活動では、最終エントリーシート(ES)や最終グループディスカッション(GD)という言葉はありません。最後は、最終面接で終わります。ESやGDを突破しても面接を突破できなければ、企業から内定を獲得することはできません。これが就職活動です。

 誰もが志望企業から内定を勝ち取ることを目指していますが、実際は一部の学生に内定が集中しています。なぜ差が出てしまうのでしょうか。それは本質を理解して面接に臨んでいるかどうかということになります。

 では本質とは何でしょうか。基本的には企業と学生とがお互いのことを知ることを目的としているのが面接だということです。企業は学生のことを知ろうと努めてくるので、「自分のことを伝えない」といった面接は絶対にしてはいけません。しかし、多くの学生は自分のことを伝えようとしていません。伝えようとしないというより伝えたいけど伝えられないが正しい表現かもしれません。自分を伝えるのではなく、自分が取り組んできた経験を伝えようとしてしまうのです。結果として取り組んできたことは分かるが、学生のことが分からないという面接になってしまうことが多々あります。

 就職活動が成功する人を一言でいえば「自分自身を主張できる学生」といえます。自分のものの見方や考え方といった“価値観”を経験というネタを使って話すことができる学生です。経験を伝えることが目的になっている学生は就職活動では成功しにくいのです。重要なのでは自分を伝える手段として経験を話せるかどうかです。

 運がよければ面接官が学生のことをくみ取って評価することもあります。そのため、自分のことを伝えなくても内定が出てしまうことがあるのも事実です。しかし、学生のことを面接官がくみ取ってくれるとは限りません。

 面接は学生の営業活動の場であると認識して臨む必要があります。自分という商品を企業に売り込む必要があるのです。そのため、学生は正直に話すのではなく戦略的に話す必要があります。戦略的に話すには自分のことだけでなく相手のことも理解していないとできません。

 自己理解を深めること、企業理解を深めることを優先しながら、エントリーシートや面接対策を同時に進めてほしいと思います。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku