首相の懐刀・加藤勝信厚労相にいきなり難関の受動喫煙問題 問われる手腕

安倍政権考
受動喫煙防止をめぐる調整で手腕が問われる加藤勝信厚生労働相(寺河内美奈撮影)

 「受動喫煙を逓減していくということではなくて、これは完全になくすという形で目的をしっかりと持っていただきたいということのお願いをさせていただきました」

 8月24日午前、受動喫煙防止対策の推進に関する加藤勝信厚生労働相(61)への申し入れ後、自民党の三原じゅん子参院議員(52)は記者団にこう述べ、加藤氏が規制慎重派に安易に妥協しないようクギを刺したことを明らかにした。三原氏は規制推進派の急先鋒だ。

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の対策を強化する健康増進法改正案は、先の通常国会に提出されず、対応は秋の臨時国会に先送りされている。塩崎恭久前厚労相(66)が主導した厚労省案は、飲食店について、原則屋内禁煙にした上で喫煙専用室の設置を認め、30平方メートル以下のバーやスナックは規制対象外にした。一方、自民党案は150平方メートル以下の飲食店は「喫煙」「分煙」を店頭に明示すれば規制対象外としている。

 原則禁煙に強くこだわった塩崎氏が8月の内閣改造で交代したことを受け、関係者の間では後任の加藤氏がどう動くかに注目が集まっている。加藤氏は安倍晋三首相(62)の最側近の1人で、これまでも1億総活躍担当相や働き方改革担当相として各省庁にまたがる難しい政策課題の調整を任されてきた。受動喫煙防止対策をめぐっても、安倍首相からは現実的な“結果”を出すことを期待されている。

 ただ、厚労相が交代したからといって話が急に進むわけでもない。厚労省の平成30年度予算概算要求が議題となった8月25日の自民党厚労部会で、三原氏が議題に直接関係ない受動喫煙防止問題を取り上げ、関係者のヒアリングを要求した。部会には塩崎氏も姿を見せ、にらみをきかせたという。秋の“バトル”はすでに始まりつつある。

 加藤氏はしばらくは党内の議論を見守る意向だが、部会前日の24日午後に自民党本部で開かれた厚労関係議員の幹部会では、党内の対立が続くことを危惧した伊吹文明元衆院議長(79)が「みんなが『うん』と納得して法案を出すのが政府の仕事だ。大臣にも言っている」と述べ、加藤氏が積極的に調整に乗り出すよう促した。秋の臨時国会は安倍政権の目玉法案である働き方改革関連法案の審議にかなり時間を取られるとみられており、健康増進法改正案は早めに党内手続きを終わらせて閣議決定し、審議入りに備えておかなければならないという事情もある。

 これに加えて、加藤氏には受動喫煙防止対策をめぐる別の対応も迫られている。国のがん対策の方向性を定める次期がん対策推進基本計画に「2020(平成32)年までに受動喫煙をゼロとする」という目標を盛り込むかどうかだ。

 厚労省のがん対策推進協議会が今年6月、次期計画に「2020年までに受動喫煙ゼロ」と明記するよう厚労省側に求めたが、健康増進法改正案の自民党内の調整が難航したため、当初の期限は「夏ごろ」だったにもかかわらず、いまだに閣議決定できずにいる。

 厚労省幹部は「いつまでに閣議決定をしなければならないという締め切りはないが、国の基本計画をもとに自治体も計画を立てなければならないので、そろそろ決めないといけない」と説明する。自民党の規制慎重派からは「次期計画に細かい目標なんか入れなくていい」(閣僚経験者)と強硬論も飛び出しているが、これを火種に再び規制推進派が大騒ぎをして党内対立が激化する可能性もある。

 健康増進法改正案にしろ、がん対策推進基本計画にしろ、規制推進派、慎重派の双方が満足するような案を示すのはすでに難しい段階にあるが、渋々ながらも受け入れ可能な案を加藤氏が示すことができるのか注目だ。 (政治部 桑原雄尚)

 加藤勝信(かとう・かつのぶ) 昭和30年11月22日生まれ。54年、東大卒業後、大蔵省入省。義父・加藤六月元農林水産相(1926~2006)の秘書などを経て平成15年の衆院選(比例中国)で初当選。現在は岡山5区選出で当選5回。六月氏は安倍晋三首相の父・晋太郎氏が率いた安倍派で「四天王」と呼ばれた。その縁で加藤氏も安倍首相との関係が深く、安倍首相復帰の原動力の一つとなった議員グループ「創生日本」の主要メンバーを務めた。24年に第2次安倍内閣が発足すると、額賀派所属ながら内閣官房副長官に就任し、初代内閣人事局長も務めた。27年10月の第3次安倍改造内閣で1億総活躍、拉致問題、女性活躍担当相として初入閣し、今年8月の内閣改造で厚生労働相に就任した。