問われる社会人になってから「自分が本当にやりたいことは何か」

プロが指南 就活の極意
リクルートスーツを着て就職活動を行う女性ら=大阪市中央区

 就職活動では自分のキャリアについて考える機会が増えます。その際、「これは本当に自分がやりたいことなのか?」と多くの人が悩むのではないでしょうか。就職活動に限らず、仕事をしている社会人でも悩んでいる人は多いでしょう。

 「自分が本当にやりたいことは何か」。働いたことがない学生にとって、「本当にやりたいこと」を見つけ出すのは非常に難しい作業です。しかし、最近の面接では「やりたいこと」が問われるため、過去の経験から論理的に答えることができないと内定を勝ち取るのが難しくなっています。考えても分からないと思っている学生は多いと思いますが、答えを見つけないといけないのが就職活動なのです。

 では、就職活動の段階でどのようにしてやりたいことを見つければいいのでしょうか。結論からいうと「自己分析」が重要になってきます。なぜ自己分析が必要なのかというと、人の本質的な部分は20歳までの経験で形成されるといわれています。そのため、自己分析することで自分のやりたいことの方向性を探すことができるのです。

 自己分析のやり方については世の中にたくさん出回っていますので大部分は割愛させていただきます。今回は「やりたいこと」の探し方に絞って説明していきます。

 いきなりですが「やりたいこと」を探すには注意することがあります。自分のやりたいことが分からないという学生は、実は致命的な3つの過ちを犯しているのです。

 1つ目、それは「最初は具体的で明確である必要はない」ということです。

 内定者である先輩のお話やOB・OG訪問をすると「やりたいこと」が明確で具体的に話してくれることが多いです。具体的で明確な回答は説得力があり、かっこよく聞こえるため、「自分も具体的で明確にしないといけない」と思い込んでしまう学生が多いようです。そのため、無意識のうちに曖昧に思っていたことを排除してしまうのです。

 準備の段階では具体的で明確である必要はありません。曖昧に思っていることを否定して無理矢理に押さえ込もうとすると、先に進まなくなってしまい考えるのをやめてしまいます。曖昧でも自分自身でしっかり認識することができれば、その答えを軸に次に発展して考えることが可能になります。

 2つ目、それは「現実的である必要はない」ということです。

 子供のころ、スポーツ選手になりたい、お医者さんになりたいなどと、多くの人が漠然と描いていたやりたいことがあったことだと思います。しかし、周囲から「そんなのムリ」「現実的じゃない」と言われてしまい、また自分でもそう思い始めて、いつの間にか諦めてしまいます。就職活動においても「自分には無理」と最初から諦めているケースが多いです。

 このように本来であれば簡単に見つけられる答えを、自ら排除することで余計に難しくしてしまっているのです。「現実的ではないからムリ」という思い込みを「現実的でなくても自分はこれがやりたい」と認めることで、やりたいことを探すことができます。

 最後に3つ目、それは「やりたいことは簡単には見つからない」ということです。

 就職活動では短期間でやることが多く、効率よく進めようとします。そのため、自己分析も効率を求め早く答えを出そうとします。しかし、上述したように社会人でも「やりたいこと」を探している人は多いのです。そんな簡単には見つからないということです。一時的な自己分析ではなく、継続性を持ち続けてほしいと思います。

 少しでも思ったことがあるなら行動しましょう。OB・OG訪問やインターンシップ、説明会に参加して「やりたいことは何か」を確認しましょう。そうすることで少しずつ具現化してきます。

 やりたいことが分からない、と言っている人は、意外と自分で自分の可能性を閉ざしていることが多いです。やりたいことが本当はあるのに、自ら否定して「やりたいことが分からない」と悩んでいるケースが少なくありません。漠然としていても現実的でなくても良いです。自分の中で「やりたいこと」を自分で認めることです。そして、認めたことを少しずつ試していく。これを繰り返すことで、少しずつ「やりたいこと」が明確になっていくのです。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku