都議選「5議席」は許容範囲? 「惨敗」では? 敗北意識に温度差ある蓮舫民進党の深刻さ

野党ウオッチ
東京都議選の結果を協議した常任幹事会を終え、記者団の取材に応じる民進党の蓮舫代表=7月4日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 東京都議選(定数127)で第5勢力に転落した民進党内で、議席数が選挙前より2少ない5にとどまったことへの評価が分かれている。議席占有率はわずか4%で、19議席を獲得した共産党にも大きく水をあけられた。一般的な評価は「惨敗」に違いないが、どうも民進党内は違うようだ。

 一時は0議席も懸念されたことなどから「許容範囲内」とする見方と、現職都議が選挙前に離党ドミノを起こした経緯を踏まえ「明解な敗北」とする見方が混在しているのだ。党執行部は近く地域ごとに党所属議員らの意見を聴く方針だが、態勢刷新を求める声や離党予備軍を抱えての総括は容易ではない。

 「われわれに足りなかったもの、われわれが猛省しなればいけないものを緊急に厳しく総括し、改善策を早期に講じていきたい」

 蓮舫代表(49)は4日、党本部で記者団に対し、都議選の結果を「極めて深刻」と評した上でこう述べた。

 自身を含む党執行部の責任論については「地方議員選挙なので、直接的には責任をどうのこうのとは考えていない」と続投する意向を表明した。先だって開いた党常任幹事会でも「最前線で引き続き頑張りたい」と意欲を示した。

 野田佳彦幹事長(60)も3日の記者会見で「存在感を示せなかったのは残念だ」と述べ、安倍晋三政権への批判票が小池百合子都知事(64)が率いた「都民ファーストの会」に流れたと分析した。一方で、態勢刷新について問われると「解党的出直しと言う前に、自分たちのやってきたことに対して一定の自負を持たないといけない」と否定的な見方を示した。

 野田氏はまた、自民、民進両党と都民ファーストの都議選での立ち位置をサッカーに例え「(民進党は)懸命にドリブルして敵陣(自民党)に攻撃していった。最後にゴールを決めたのは都民ファーストだが、攻撃があったが故に自民党の大敗につながった」と強弁した。結果に対し自己批判と自己肯定の両方が必要との認識をにじませた。

 実際、都議選の結果をめぐっては、民進党内でも見方が分かれている。

 比較的前向きに受け止めている議員は、一時は「議席は0か1に激減し、都議会民進党は壊滅的な状況に追い込まれる」と懸念されていたことを踏まえ、5議席を「許容範囲内」「健闘」とみる。

 自民党が歴史的惨敗にあえいでいる今こそ結束し、党勢回復の好機とすべきだとの考え方もある。今「蓮舫降ろし」などの内輪もめを起こせば、ますます支持が離れ、国政でも自民党への批判票を取り込めなくなるおそれがあるからだ。

 ただ、都議選の結果を否定的にとらえている議員からすれば、5議席をよしとするのは危機感が足らないように映る。

 党都連会長を引責辞任する意向を表明した松原仁元拉致問題担当相(60)は3日の記者会見で、都議選前に公認候補の離党が相次いだことに言及し、「離党ドミノが起こった責めを私が一身に担うべきだ」と述べた。自民党への批判が高まる中で民進党が躍進できなかったことには「政権奪還を目指す政党として全くもって敗北だ」と断じた。

 その上で「明確に敗北と認識するところから党勢を立て直し、政権奪還に向けて歩んでいかなければいけない」と強調。5議席にとどまったことについて「一定の評価を出すようでは、わが党は国民の目から見て、政権奪還をする政党にはなりきれない」とくぎを刺した。

 さらに、党執行部の責任論に関し「『今のままでいい』と思っている執行部の人がいたら極めて問題だ」と述べ、厳しい認識を共有するよう暗に迫った。

 都議選で躍進した都民ファーストの国政進出が現実味を帯びてくる中、民進党内には国政でも離党ドミノが起こることへの警戒感が広がっている。実際、藤末健三政調会長代理(53、参院比例)が2日、党本部に離党届を出したほか、7日には横山博幸衆院議員(66、比例四国)が愛媛県今治市で記者会見し、離党を検討していることを明らかにした。

 党執行部は近く、全国11ブロックごとに党所属議員らの意見を開く会議を開き、都議選の総括や今後に向けた改善策を取りまとめる方針だ。会議が一巡した後は両院議員総会の開催も検討するが、反執行部の議員らがこれまでの党運営に対する不満を爆発させる可能性もある。

 蓮舫氏は6日の記者会見で、自身の出処進退や態勢刷新を改めて判断するか否かは明言を避けた。都議に続き国会議員の間でも離党ドミノが起これば、蓮舫氏も松原氏のように「責めを一身に受ける」のは免れない。党勢回復も一層難しくなるだろう。

 態勢刷新論がくすぶる中での総括は、対応を誤れば党の瓦解(がかい)につながりかねない。ちなみに蓮舫氏は参院東京選挙区選出である。(政治部 豊田真由美)