PR

ニュース 政治

国会議員のワクチン未接種「危機管理上おかしい」 自民・佐藤氏

笑顔で自民党役員会に臨む菅義偉首相と自民党・佐藤勉総務会長(左)=10日午後、国会内(春名中撮影)
笑顔で自民党役員会に臨む菅義偉首相と自民党・佐藤勉総務会長(左)=10日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党の佐藤勉総務会長は25日の記者会見で、国会議員の新型コロナウイルスワクチンの職域接種について問われ「既得権益を誇示するということではなく、大事な議論をしている国会で誰も打ってないこと自体、危機管理上おかしいのではないか」と述べた。

 佐藤氏は、本会議の際に議員が一堂に会すなど「密」になりやすい国会について「クラスターが起きないことが不思議なぐらいな状況」と指摘。「国会の論議がストップすれば、何が起きるかということを、原点に返って考えるべきではないか」と強調した。

 国会議員のワクチン接種については、「特権」批判を懸念する声もあるが、佐藤氏は「(世間から)変な目で見られるというだけのことで、国会の論議が止まることのないように対策すべきだ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ