PR

ニュース 政治

自民の「護る会」、土地規制法案の原案通り成立を森山国対委員長に申し入れ

 自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表・青山繁晴参院議員)のメンバーは20日、同党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、安全保障上の重要な土地の買収対策として政府が今国会での成立を目指す土地利用規制法案について原案通りの内容で成立するよう申し入れた。

 青山氏は会談後、記者団に「法案(の内容)は多くの土地が外国に買収される事態を心配している国民にとってもぎりぎりの線だ。審議が始まった以上、原案通りの可決の努力をいただきたい」と強調した。

 土地利用規制法案は19日に衆院内閣委員会で審議入りしたが、立憲民主党などが慎重姿勢を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ