PR

ニュース 政治

中国非難決議の採択訴え 在日ウイグル人ら集会

中国の諸民族の人権侵害を非難する国会決議の早期採択を訴え、在日ウイグル人ら約300人が開いた集会=19日午後、国会前(奥原慎平撮影)
中国の諸民族の人権侵害を非難する国会決議の早期採択を訴え、在日ウイグル人ら約300人が開いた集会=19日午後、国会前(奥原慎平撮影)

 中国政府の弾圧に苦しめられる新疆(しんきょう)ウイグル自治区や香港の出身者、クーデターで実権を握った国軍に迫害されるミャンマー人らが19日、国会前で集会を開いた。約300人(主催者発表)が参加し、中国の諸民族やミャンマー人が直面する深刻な人権侵害行為を非難する国会決議の今国会での採択を訴えた。

 日本ウイグル協会のレテプ・アフメット副会長は「日本は世界で最も多くのウイグル人留学生を受け入れ、ウイグル社会を引っ張った知識人を育て上げた。その知識人が一斉に(中国の収容政策により)姿を消すという悪夢が起きている。非人道的な中国の行いに、国として声をあげてほしい」と語った。

 内モンゴル自治区の出身者でつくる団体「南モンゴルクリルタイ」のオルホノド・ダイチン幹事長は「日本はアジア、世界で自由民主の先頭に立つべき国だ。国会で非難決議を通してください」と述べた。参加者は「人権弾圧国家にNO」などとシュプレヒコールをあげていた。

 国会では超党派有志の日本ウイグル国会議員連盟や立憲民主党が主導する超党派「『人権外交』を推進する議員連盟」など複数の議連が今国会中の非難決議の採択を目指し、調整が進められている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ