PR

ニュース 政治

米海軍無人機、三沢基地に 5カ月間配備、国内初展開

青森県の三沢基地周辺を飛行する米海軍の無人偵察機トライトン=15日午前9時12分
青森県の三沢基地周辺を飛行する米海軍の無人偵察機トライトン=15日午前9時12分

 米海軍の無人偵察機トライトン2機が青森県三沢市の米軍三沢基地に約5カ月間配備されることになり、うち1機が15日午前9時15分ごろ到着した。

 防衛省によると、トライトンは米空軍などが運用する無人機グローバルホークを海洋監視用に改良した機種で、国内で展開するのは初めて。

 防衛省はトライトンの一時配備について「周辺国による海洋活動が活発化する中で、海洋監視能力の強化をもたらし、わが国の安全保障にとって有益だ」としている。

 また台風の影響を避けるため、米空軍が毎年、日本に展開している地上監視が主任務のグローバルホークは、今月下旬から約5カ月にわたり米軍横田基地(東京都)に配備される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ