PR

ニュース 政治

三原じゅん子副大臣が委員会遅刻 法案採決先送り 高齢者医療費負担の法案審議入りも

 自民党の三原じゅん子厚生労働副大臣が13日の参院厚労委員会に約30分遅刻した。野党が反発し、この日予定していた医療法改正案の採決が見送られた。三原氏は同日午後1時半に再開した委員会に不在で、同1時から開かれた厚労省内の会議に出席していた。

 三原氏は厚労委の委員で、この日は副大臣としての答弁の予定はなかったが、三原氏の遅刻を理由に委員会は休憩となった。その後、与野党幹部が断続的に協議したが、折り合いがつかず、委員会は再開されずに流れた。

 また、この騒動の影響で、14日に菅義偉首相が出席して参院本会議で行う想定だった、一定の収入がある75歳以上の医療費窓口負担を引き上げる医療制度改革関連法案の審議入りも見送られることとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ