PR

ニュース 政治

首相「今、一番大事な時期」 緊急事態宣言で協力呼びかけ

記者団の取材に応じる菅義偉首相。後方は小野日子内閣広報官=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
記者団の取材に応じる菅義偉首相。後方は小野日子内閣広報官=12日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は12日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が同日から延長され、対象地域も追加されたことについて「延長は大変心苦しい思いだが、ゴールデンウイークが終わった今、一番大事な時期なので国民の皆さんのご協力をお願い申し上げる」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はまた、緊急事態宣言に準じた措置がとれる「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の適用を、岡山県などが要請していることについて「連日、地方の状況を精査している。そういう中で、必要とあればしっかり対応していきたい」と述べた。

 新型コロナワクチンの接種に関しては「自治体や医療関係者の協力により、全国の85%を占める1490市町村で7月末までに高齢者の接種が終わると報告を受けた」と説明した。その上で「今後も市町村をサポートして全ての皆さんが一日も早く接種できるように取り組んでまいりたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ