PR

ニュース 政治

枝野氏の「一番悪い」に吉村・大阪府知事が反論「事実誤認だ」

大阪府の吉村洋文知事(左)と立憲民主党の枝野幸男代表
大阪府の吉村洋文知事(左)と立憲民主党の枝野幸男代表
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府の吉村洋文知事は11日、立憲民主党の枝野幸男代表が新型コロナウイルス感染拡大による府の病床逼迫(ひっぱく)に関し「一番悪いのは府知事だ」と非難したことに関連し、「(すぐに使える)運用病床は感染者数に応じて減らすが、確保病床は減らしていない。事実誤認がある」と反論した。府庁で記者団に語った。

 枝野氏は10日の衆院予算委員会で、府が2度目の緊急事態宣言が解除された3月1日に重症病床の確保数を3割減らす通知を出したと紹介し、明らかな判断ミスだと主張。「残念ながら無責任な知事もいる。政府はしっかり対応すべきだ」と皮肉った。これに対し吉村氏は、3月1日の新規感染者が50人程度で、解除後に一時重症者も減ったとし、枝野氏の認識に誤りがあると指摘した。

 吉村氏は変異株の感染拡大速度について「感染リスクは認識していたが、具体的なデータに基づく予測は難しかった」とし、「しっかり病床を確保して、できる限りの対応をしたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ