PR

ニュース 政治

【菅首相記者会見詳報】(6完)「約1000の市町村は7月末までに高齢者接種終えられる」

発令中の緊急事態宣言などを今月末まで延長することが決定し、会見で国民にさらなる協力を求める菅義偉首相。右は新型コロナウイルス感染症対策分科会尾身茂会長=7日午後、首相官邸(春名中撮影)
発令中の緊急事態宣言などを今月末まで延長することが決定し、会見で国民にさらなる協力を求める菅義偉首相。右は新型コロナウイルス感染症対策分科会尾身茂会長=7日午後、首相官邸(春名中撮影)

 --変異株が蔓延しているインドでは、邦人が帰国に必要な陰性証明のためのPCR検査がなかなか受けられない。領事館などで検査が受けられるような仕組みが必要ではないか

 首相「まず、現在インドにいる邦人とは領事館を中心に連携をとっています。そして帰国を望まれる方には、帰国できるように常時の対応をしている。そして、帰国便、日本に返ってくる飛行機ですけれども、2000席ぐらい、私毎日報告受けてますけど空いております。日本に帰国したいということであれば、すぐ帰ることができるような態勢を領事館の中でとっている。そういう報告を受けております。PCRについてもいろんなする場所がありますので、領事館としてしっかり紹介をして行うことができるようになっている。こういうふうに(報告を)受けています」

 --1日に100万回のワクチンの接種を目標にするならば、国民全体に普及するのに7カ月くらいかかる目安になる。積算根拠は

 首相「あの、これいろんな情報を全部収集しています。その中で、いわゆるインフルエンザの接種を日本がやっています。そういう中で、60万回ぐらい平均できているという報告も受けています。そうしたことから考えたときに、態勢としてははるかに広く取っています。そうしたさまざまなことを考えたとき、それは可能だと。ですから、もう接種を始めて、本格的になって慣れてくると、そういうことも可能だというふうに十分に思っています」

 --大規模商業施設の休業要請の緩和は感染対策を緩めるとの批判もある。東京や大阪は引き続き休業など求めるようだが、国と基準が違う可能性があることをどう考えるか

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ