PR

ニュース 政治

【菅首相記者会見詳報】(1)宣言延長を表明「強い警戒維持」

発令中の緊急事態宣言などを今月末まで延長することが決定し、会見で国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影)
発令中の緊急事態宣言などを今月末まで延長することが決定し、会見で国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は7日夜、官邸で記者会見し、新型コロナウイルス特別措置法に基づき東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言を今月31日まで延長し、愛知、福岡両県にも拡大すると表明した。記者会見の詳報は以下の通り。

 「先ほど、新型コロナ対策本部を開催をし、緊急事態宣言の対象地域に愛知県、福岡県を追加するとともに、5月31日まで延長することを決定をいたしました。また蔓延(まんえん)防止等重点措置について北海道、岐阜県、三重県を追加し、5月31日まで延長すること、また宮城県については5月11日に終了することを決定いたしました」

 「今回、ゴールデンウイークという大型連休に合わせ、国民の皆さまに短期集中の措置をお願いをしました。家族での旅行や帰省、友人同士の買い物や行楽などの外出が一斉に増える大型連休という特別の時期には人流を抑える強い措置が必要と考え、幅広い要請を行いました」

 「皆さまのご協力によって、東京や大阪の人流は4月初めと比較をし、夜間は6、7割、昼間は4、5割程度減少をしております。しかしながら、新規感染者数は東京、大阪ともにステージ4(爆発的感染拡大)を大きく超える水準にあり、それぞれの圏域の中心である愛知や福岡においてもステージ4を超えております」

 「大阪では病床の逼迫(ひっぱく)状況を改善するために、一定期間を要すると考えられます。感染力が強いとされる変異株も拡大を続けています。このため今般、緊急事態宣言を延長し、ウイルスに対する強い警戒を維持し、改めて対策が必要である。そのように判断をいたしました。これまで外出を控えるなど、ご協力をいただいた国民の皆さま、休業要請などに応じていただいた事業者の皆さん、医療介護の現場で懸命のご尽力をいただいております関係者の皆さまに心から感謝を申し上げます」

 「また今回の延長により、引き続き、ご負担をおかけします皆さまに深くおわびを申し上げます。この1年、新型コロナの感染が拡大する中で、実に多くの業種の方々に影響が生じております。飲食業をはじめ、観光業、商業施設、イベントや演劇、スポーツなどの業種において、特に大きな影響となっております」

 「そうした中でも、これらの業種の方々がご努力と工夫を重ね、効果的な感染対策を進めてきていただいたことに重ねてお礼を申しあげます。大型連休というひとつの山を越えた今後は通常の時期に合わせた高い効果の見込まれる措置を徹底して、対策を講じてまいります」

 「飲食やお酒を伴う機会の感染リスクを減らすことは、かねてより専門家から、極めて効果が高いと指摘をされております。飲食店におけるお酒やカラオケの提供の停止を続けるとともに、新たにお酒の持ち込みを制限することを対策に加えさせていただきます」

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ