PR

ニュース 政治

今年も硫黄島で艦載機訓練 米空母、防衛省に連絡

防衛省
防衛省

 防衛省は4日、米海軍横須賀基地(神奈川)に配備されている原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機が東京・小笠原諸島の硫黄島で5~15日、陸上空母離着陸訓練(FCLP)をすると発表した。在日米軍司令部から連絡があった。パイロットが空母に着艦する資格を取得するためのもので、硫黄島の滑走路を甲板に見立てる。本土の基地周辺の騒音に配慮し、例年5月ごろ、硫黄島で実施している。

 防衛省によると、訓練には艦載機として岩国基地(山口)に配備されているFA18戦闘攻撃機など固定翼の全5機種、計約40機が参加。午前11時から午前3時までが訓練時間となる。悪天候などの場合は、硫黄島の代わりに三沢(青森)、横田(東京)、厚木(神奈川)、岩国の各米軍基地を使用する。

 日米両政府は、鹿児島県西之表市の無人島・馬毛島へFCLPの実施場所を移転する方針。防衛省は自衛隊基地建設手続きを進めており、今月11、15日には航空自衛隊のF15戦闘機を模擬的に飛行させて騒音調査をする予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ