PR

ニュース 政治

自民青年局会合で台湾駐日代表が講演「台湾海峡は不安定」

謝長廷氏(飯田英男撮影)
謝長廷氏(飯田英男撮影)

 自民党青年局は30日、オンライン形式による研修会を行い、台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃ・ちょうてい)代表(駐日大使に相当)らが最近の台湾情勢や日台関係などをテーマにあいさつや講演を行った。「インド太平洋と台湾海峡はとても不安定な状態だ。中国による一方的な現状変更で力のバランスが崩れてしまう」と述べた。

 謝氏は「自由などの価値観を共有する国々が、力を強めてバランスを取り戻さないと安定を維持できない」とも訴えた。

 青年局は伝統的に台湾との交流の窓口としての役割を果たしてきた。メンバーの武井俊輔衆院議員は記者団に「日台関係は新しいステージに入っている。(新型コロナウイルスの感染拡大のため)直接行くことはできないが、こういった活動を続けていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ