PR

ニュース 政治

参院憲法審 3年2カ月ぶりの実質審議実施

3年ぶりに開催された参院憲法審査会。中央は林芳正会長=28日午前、参院第41委員会室(春名中撮影)
3年ぶりに開催された参院憲法審査会。中央は林芳正会長=28日午前、参院第41委員会室(春名中撮影)

 参院憲法審査会(会長・林芳正元文部科学相)は28日、今国会初となる自由討議を行い、各党が憲法改正や改憲手続きを定める国民投票法改正案に関する意見を表明した。参院憲法審が実質審議を開くのは、平成30年2月以来、3年2カ月ぶりとなる。

 自民党の石井正弘氏は憲法審で、自民が掲げる「改憲4項目」について、新型コロナウイルス禍を受けて緊急事態条項の創設などに関心が高まっていることなどに触れ、「まさに今、国民に問うにふさわしいテーマだ」と主張した。

 一方、立憲民主党の小西洋之氏は衆院で審議中の改正案に関し、CM規制などの問題点を挙げ「措置を講じることが必要不可欠だが、これを放置しての法改正は許されない」などと訴えた。

 緊急事態条項は公明党と日本維新の会もあり方についての検討を求めたが、共産党の山添拓氏は「コロナ危機に便乗して改憲論議をあおるのは、究極の火事場泥棒だ」と批判した。

 衆院では今国会で憲法審をすでに2回開いている。与党は5月6日の改正案の採決日程を提案している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ