PR

ニュース 政治

自民・岸田前政調会長、参院広島選挙区再選挙敗北「県民の怒り、大変大きいものがあった」 

開票が進む中、取材に応じる岸田文雄前政調会長=25日夜、広島市(永原慎吾撮影)
開票が進む中、取材に応じる岸田文雄前政調会長=25日夜、広島市(永原慎吾撮影)

 25日投開票の参院広島選挙区再選挙で、自民党広島県連会長として陣頭指揮を執った岸田文雄前政調会長は、選挙の敗因について「『政治とカネ』の問題への県民の怒りは大変大きいものがあると改めて感じた」と述べた。広島市内で記者団の質問に答えた。

 また、投開票直前に前経済産業相の菅原一秀衆院議員が有権者に対し、参加していない旅行の「会費」などの名目で現金を提供していた疑いが報じられたことを踏まえ、「『もういいかげんにしてくれ』という思いだ。私たちは政治の信頼回復を真剣に考えなければならない」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ