PR

ニュース 政治

自民・山口選対委員長「審判を厳粛に受け止める」 衆参3選挙与党全敗

自民党・山口泰明選対委員長(春名中撮影)
自民党・山口泰明選対委員長(春名中撮影)

 自民党の山口泰明選対委員長は25日夜、同日投開票された衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠補選と参院広島選挙区の再選挙で与党が全敗したことについて「有権者の審判を厳粛に受け止める。今後のいろいろな選挙に、この反省を踏まえてやっていきたい」と語った。党本部で記者団に答えた。

 山口氏は、敗因について「長野、広島はそれぞれ選挙事情がある。しっかり検証して正すべき点は正し、いいところは伸ばしていきたい」と説明した。全敗した党執行部の責任に関して記者に問われ、「今後の検討課題だ」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ