PR

ニュース 政治

北海道で6人死亡 160人感染

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川、小樽の各市は24日、道内で新型コロナウイルスに感染した6人が死亡し、新たに160人の感染が確認されたと発表した。札幌市発表分の新規感染者は110人で、同市の1日当たり感染者数は3日連続で100人を超えた。

 札幌市では24日、新たなクラスター(感染者集団)が高校で発生した。同市によると、感染者は生徒7人で複数のクラスで確認されている。

 24日までの道内の死者は計832人、感染者は2万3160人(実人数2万3099人)となった。

 24日に死亡が確認されたのは、いずれも札幌市在住の70~90代男女6人。

 新たな感染者は、札幌市110人▽旭川市8▽小樽市4▽空知地方3▽石狩地方19▽胆振(いぶり)地方2▽上川地方4▽オホーツク地方5▽十勝地方1▽釧路地方1▽根室地方1▽その他2-の160人。

 北海道では札幌市を中心に感染が拡大しており、鈴木直道知事が23日の対策本部会議で、重点措置適用要請の検討を指示。27日から5月11日まで札幌市内の飲食店などに午後9時までの時短営業を要請するほか、4月24日から5月11日まで札幌市での不要不急の外出・往来自粛を求めることも決めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ