PR

ニュース 政治

自民、公選法の条文ミス改正案を提出 参院法制局が2年以上放置

自民党・世耕弘成参院幹事長
自民党・世耕弘成参院幹事長

 自民党は23日の総務会で平成30年改正の公職選挙法の条文ミスを改正する法案を了承し、参院に提出した。同法は対応する罰則が一部ない状態となっており、総務省などから指摘があったにも関わらず、参院法制局は2年以上放置していた。

 自民の世耕弘成参院幹事長は23日の記者会見で「誤りのあった箇所は罰則規定に関わる部分だ。野党にも協力をいただきながら、迅速に修正を進めたい」と述べた。

 ミスが2年以上放置されたことに関しては「(指摘があったのに)国会議員に何の報告もないまま放置されたことは、極めて法制局の責任が重い」と強調。処分の必要性について問われると「考える立場ではない」と説明し、山東昭子参院議長が判断するとの認識を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ