PR

ニュース 政治

自民若手有志、50兆円規模の補正予算編成を提言

 自民党の若手有志による議員連盟「日本の未来を考える勉強会」(会長・安藤裕衆院議員)は23日、二階俊博幹事長と党本部で面会し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令などを踏まえ、50兆円規模の補正予算の編成を求める提言を手渡した。近く首相官邸にも申し入れる方向で調整している。

 提言では、「社会経済活動はいまだ制限され、経済的影響も深刻度を増している。政権与党として、国民に安心のメッセージを強く打ち出す必要がある」と指摘。経済対策として、企業や個人、自治体に対する支援の拡充や、今年10月から3年間の「消費税ゼロ」などを盛り込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ