PR

ニュース 政治

官僚ユーチューバーTASOGAREの見る夢「霞が関に広報革命を起こす」 

官僚ユーチューバー「TASOGARE(タソガレ)」こと松岡慧さん=東京・霞が関の農林水産省
官僚ユーチューバー「TASOGARE(タソガレ)」こと松岡慧さん=東京・霞が関の農林水産省
その他の写真を見る(1/2枚)

 農林水産省が5月に創設する農村支援人材「地域づくり人材」育成の研修制度を、同省の人気ユーチューブチャンネル「BUZZ MAFF(バズマフ)」が紹介したところ、特設ページのアクセスが急増するなど反響を呼んでいる。仕掛け人は、入省3年目の若き官僚ユーチューバー「TASOGARE(タソガレ)」さん。「地味でおかたい霞が関の広報に革命を起こしたい」と夢を語る。

●アクセス5倍に

 地域づくり人材は、住民が地域の将来を話し合うワークショップ活動を運営するなど、地域づくりを支える外部人材。「農村プロデューサー養成講座」として5月11日から研修が始まる。対象は主に自治体職員だが、地域づくりに関心のある人に広く受講してもらおうと担当者がバズマフでの紹介を依頼したところ、型破りな動画が現れた。

 《霞が関に革命を起こしたい僕が作った伝説のポスター》

 内容は「農村プロデューサー養成講座をPRするため、タソガレがポスターを制作してみた」という4分40秒のドキュメント。4月15日夕に公開されると、あっという間に1万回以上再生され、紹介された講座の特設ページのアクセス数は、それまでの1日平均約100回から公開日は約500回へと跳ね上がった。

●制作は「業務」

 東京・霞が関。前身が明治14年までさかのぼる伝統ある農水省の3階、大臣官房広報評価課広報室で「タソガレさんに会いたい」と切り出すと、職員の視線が大部屋の片隅に集まった。

 計画係の松岡慧(けい)さん(24)。紺色スーツに水色系のネクタイをきちんと締めた、物静かな青年だった。

 バズマフは、当時の江藤拓(たく)農相のかけ声により、中央省庁では初の試みとして昨年1月に開設された同省の公式チャンネル。動画は全て、若手職員でつくる19チームが制作、460本以上を公開し、チャンネル登録者は6万人を数える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ