PR

ニュース 政治

菅原前経産相、衆院厚労委の与党筆頭理事を辞任

菅原一秀前経産相(春名中撮影)
菅原一秀前経産相(春名中撮影)

 菅原一秀前経済産業相は23日、衆院厚生労働委員会の与党筆頭理事を辞任した。菅原氏側が地元の東京9区の有権者に香典などを提供した公選法違反事件をめぐり、検察審査会の「起訴相当」を受けて再捜査している東京地検特捜部が、菅原氏を任意で事情聴取したとの一部報道があり、菅原氏が厚労委理事会で辞任を申し出た。

 菅原氏は「当局から要請があれば誠実に対応する」とのコメントを発表した。

 23日の厚労委では、75歳以上の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる医療制度改革関連法案の審議が予定されていたが、菅原氏の辞任を受け、午前9時の開会が遅れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ