PR

ニュース 政治

経団連会長「強い覚悟と国際社会を主導」 排出量削減新目標で

 経団連の中西宏明会長は22日、菅義偉首相が2030年度に温室効果ガスを13年度比で46%削減する新しい目標を表明したことについて、「人類にとって喫緊の課題である気候変動問題の解決に向けた強い覚悟を示すとともに、国際社会を主導する確固たる決意を表明した」と高く評価した。

 再生可能エネルギーを大量導入していくとともに、「政治の強いリーダーシップで、安全性が確認された原子力発電所の着実な再稼働やリプレース・新増設」の必要性を強調した。また、脱炭素社会への移行への取り組みを見据え、「技術開発・設備投資・事業転換などの大胆な政策支援や、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資を促進する環境整備も欠かせない」と、政府へ政策要望した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ