PR

ニュース 政治

群馬県富岡市がコロナ対策の第5次市民生活支援策まとめる

 群馬県富岡市は、新型コロナウイルス感染症対策として行う第5次市民生活支援策をまとめた。

 事業総額は3億1546万6千円で、内訳は令和3年度一般会計当初予算分6361万9千円▽4月補正予算分1797万円▽5月補正分2億3387万7千円。新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金などで充当する。

 このうち、5月補正では、市内17小中学校の蛇口を非接触型の自動センサー式蛇口などに交換する学校施設感染予防事業に4278万9千円を計上した。また、今年度中に生まれた新生児を持つ世帯へ1人5万円の電子マネーなどを支給し、キャッシュレス決済を取り入れた新しい生活様式の定着を図る、出産応援特例給付金給付事業に1318万8千円を充てる。

 このほか、非接触型のオンライン申請システムを導入し、市民が市役所を訪れることなく行政手続きが行える環境を整備するデジタル申請推進事業に1400万円を配分するなどとなっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ