PR

ニュース 政治

茂木外相「日本の立場踏まえたなら適切」 慰安婦訴訟

ソウルの日本大使館前に設置されている少女像=21日(共同)
ソウルの日本大使館前に設置されている少女像=21日(共同)

 茂木敏充外相は21日の衆院外務委員会で、元慰安婦訴訟で韓国ソウル中央地裁が原告側の訴えを却下したことについて「日本政府の立場を踏まえたものであるとするなら適切なものだ」と述べた。日本政府は元慰安婦訴訟に関し、国家は他国の裁判権に服さないという国際法上の「主権免除」の原則から却下されなければならないと主張していた。

 一方、主権免除を認めず日本政府への賠償を命じた今年1月の元慰安婦訴訟判決については「国際法および日韓両国間の合意に明らかに反する」と非難。「韓国が国家として国際法違反を是正するために適切な措置を講じることを強く求めている」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ