PR

ニュース 政治

韓国慰安婦判決 日本政府「厳しい状況変わらず」 国際法違反是正求める

ソウル中央地裁の入る庁舎=21日(共同)
ソウル中央地裁の入る庁舎=21日(共同)

 元慰安婦訴訟で韓国ソウル中央地裁が原告側の訴えを却下する判決を21日に出したが、日本政府からは「韓国との関係が厳しい状況にあることに変わりはない」(外務省幹部)との声があがる。別の元慰安婦訴訟では日本政府への賠償を命じる判決が確定しており、引き続き韓国政府に是正措置を求めていく方針だ。

 日本政府は当初、原告側の訴えを認める判決を想定し、姜昌一(カン・チャンイル)駐日韓国大使を外務省に呼び出して抗議することを検討していた。韓国地裁は今年1月の元慰安婦訴訟で、国家は他国の裁判権に服さないという国際法上の「主権免除」の原則を否定し、日本政府への賠償を命じていたためだ。想定とは逆の結果となった今回の判決について、外務省幹部は「日本の立場に沿った当然の判断」と語る。

 ただ、日韓関係の改善につながる見通しはない。今年1月の判決について、日本政府は「国際法違反」として韓国政府に是正措置を求めているが、進展はない。いわゆる徴用工問題も同様で、外務省幹部は「そもそもがどん底に近いマイナスの関係。今回の判決で好転することはない」との考えを示す。

 茂木敏充外相は「解決したいという韓国の姿勢の表明だけで評価するのは難しい」と繰り返す。日韓関係の改善には、日本が受け入れ可能な韓国側の解決策が必要との立場だ。(石鍋圭)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ