PR

ニュース 政治

習近平氏の対米批判 官房長官「米と連携し中国と対話」

会見に臨む加藤勝信官房長官=20日、首相官邸(春名中)
会見に臨む加藤勝信官房長官=20日、首相官邸(春名中)

 加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、中国の習近平国家主席がビデオ演説で米国の対中政策を「新冷戦」と批判したことについて「米国ともよく連携しながら中国との率直な対話を行い、主張すべきはしっかりと主張し、中国側からの具体的な行動を引き続き求めていきたい」と述べた。

 一方で、加藤氏は「日中関係は日本にとっても重要な2国間関係の1つであり、中国との安定した関係は両国のみならず地域、国際社会のためにも重要だ」とも指摘。菅義偉(すが・よしひで)政権が中心課題に据える地球温暖化対策に関し、「温室効果ガスの排出は中国が世界第1位なので中国の取り組みも非常に重要だ」と述べ、連携を図りたい意向を示した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ