PR

ニュース 政治

大阪の小中オンライン授業「必要な支援行う」 加藤官房長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=20日午前、首相官邸(春名中)
会見に臨む加藤勝信官房長官=20日午前、首相官邸(春名中)

 加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、大阪府が政府に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言発令を要請することに関連し、松井一郎大阪市長が小中学校での授業をオンラインにするとの意向を示していることについて「大阪府とも十分連携し、各学校が十分な感染症対策を講じ、子供の健やかな学びが保障されるよう必要な支援を行っていきたい」と述べた。

 加藤氏はまた、関西圏で主流となっている変異株について「特定の年齢集団に限らず、感染伝播(でんぱ)性を従来株より上昇させる可能性がある。国内で小児の集団感染も見られたことから、小児からの感染について引き続き注視が必要であるとされている」とも語った。

 大阪府への宣言発令に関しては「改正特措法の付帯決議で、知事から要請があった場合、最大限尊重し、速やかに検討することとされている」と指摘。その上で「仮に要請がなされれば必要な検討を行っていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ