PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】共同記者会見の要旨

会談後、共同記者会見に向かうバイデン米大統領(右)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス(AP)
会談後、共同記者会見に向かうバイデン米大統領(右)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス(AP)

 菅義偉首相とバイデン米大統領の会談と共同記者会見の要旨は次の通り。

 【日米同盟】

 首相 米国は日本の最上の友人であり、日米は自由、民主主義、人権などの普遍的価値を共有する同盟国だ。日米同盟はインド太平洋、世界の平和と安定の礎だ。その重要性はかつてないほど高まっている。共同声明は今後の日米同盟の羅針盤となり、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた日米両国の結束を力強く示すものだ。

 バイデン氏 首相は政権発足後、初めてホワイトハウスに招いた最初の外国首脳だ。心から歓迎する。

 両首脳 日米同盟を一層強化することを確認。

 首相 バイデン氏の早期訪日を要請。

 【中国・台湾】

 首相 東・南シナ海における力による現状変更の試み、他者に対する威圧に反対することで一致した。バイデン氏からは米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条を尖閣諸島(沖縄県石垣市)に適用することを改めて示していただいた。日米同盟強化の具体的な方途について両国間で検討を加速することを確認した。

 台湾海峡の平和と安定の重要性は日米韓で一致しており、改めて確認した。(台湾や尖閣は)厳しい状況が続いているのは事実だ。平和裏に解決することを最優先にすると合意した。

 (ウイグル族らへの迫害が指摘される)新疆(しんきょう)ウイグル自治区の状況についてわが国の立場や取り組みを説明し、理解が得られた。

 バイデン氏 両国は重要な民主主義国だ。日米同盟は揺るぎない。中国がもたらす課題に連携して取り組む。

 【北朝鮮】

 首相 全ての大量破壊兵器、あらゆる射程の弾道ミサイル廃棄、完全な非核化を求めることで一致した。日本人拉致問題は重大な人権問題であり、日米が連携して北朝鮮に対し即時解決を求めていくことを再確認した。

 【インド太平洋】

 首相 地域の平和と繁栄を確保していくため、日米が「自由で開かれたインド太平洋」の具体化を主導し、東南アジア諸国連合(ASEAN)や豪州、インドをはじめとする国や地域と協力を進めることで一致した。

 バイデン氏 両国はインド太平洋地域の強力な民主主義国家だ。人権や法の支配を含む共有の価値を守り抜く。両国の協力が不可欠だ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ