PR

ニュース 政治

日米首脳の共同記者会見 菅首相の発言全文

 「また私から、今年の夏、世界の団結の象徴として、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を実現する決意であることをお伝えしました。バイデン大統領からは、この決意に対する支持を改めて表明をしていただきました。わが国としてはWHO(世界保健機関)や専門家の意見を取り入れ、感染対策を万全にし、科学的、客観的な観点から、安全、安心な大会を実現すべく、しっかりと準備を進めてまいります」

 「自由、民主主義、人権、法の支配。日米両国が共有するこうした普遍的価値をしっかり擁護しながら、本日の有意義な会談の結果を実践に移し、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、ジョーとさらに連結、協力を深めていくことを楽しみにしています。今回のお招きに改めて心から感謝を申し上げます。ありがとうございました」

【質疑応答】

 --対中政策について伺いたい。日米両政府は台湾の平和と安定が重要だとの認識で一致してきたところだが、今回の会談でどのようなやりとりが交わされたのか。特に台湾海峡の有事を抑止するために日本ができること、有事が発生した場合に日本ができること、こうした点について、菅首相からバイデン大統領に、どのような説明を行ったのか。また、ウイグルの人権問題についても日米両政府は深刻な懸念を共有しているが、G7諸国で日本のみが対中制裁を行っていない。こうした点について、バイデン大統領の理解を得ることはできたか

 「地域情勢について意見交換する中で、台湾やウイグル地区をめぐる状況について議論はいたしました。また、やりとりの詳細は外交上のやりとりのため差し控えますけれども、台湾海峡の平和と安定の重要性については日米間で一致しており、今回、改めてこのことを確認いたしました。また、新疆ウイグル地区の状況についても、わが国の立場や取り組みについてバイデン大統領に説明し、理解を得られたと、このように考えています」

 --東京五輪・パラリンピックについて、バイデン大統領からは米国選手団派遣について具体的な約束や前向きな意向は示されたか。また、新型コロナウイルスワクチンの供給スケジュールや2030年の温室効果ガスの削減目標など、具体的な数値目標や行動目標は話題にのぼったか

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ