PR

ニュース 政治

中国の威圧への反対で一致 日米首脳 台湾の平和・安定も確認 記者会見で菅首相明かす

共同会見するバイデン大統領(手前)と菅義偉首相(ロイター)
共同会見するバイデン大統領(手前)と菅義偉首相(ロイター)

 【ワシントン=杉本康士】菅義偉(すが・よしひで)首相は16日午後(日本時間17日午前)、米ワシントンのホワイトハウスでバイデン大統領と会談した。首相は記者会見で、「世界の平和と繁栄に中国が及ぼす影響について議論した。東シナ海や南シナ海における力による現状変更の試み、地域の他者に対する威圧に反対することで一致した」と述べた。

 首相は会見で、「台湾海峡の平和と安定の重要性については日米で一致しており、今回改めて確認した」と説明。中国海警船が領海侵入を繰り返す尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関し、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条の適用対象に含まれることをバイデン氏と改めて確認したことも明らかにした。

 北朝鮮による拉致問題について、日米が即時解決を求めていくことを再確認した。

 首相は、夏の東京五輪・パラリンピックの実現に向けた決意を伝え、バイデン氏から支持を得たとして、「科学的、客観的な観点から安全安心な大会を実現すべく準備を進める」と強調した。また、脱炭素化とクリーンエネルギーに関する日米気候パートナーシップの立ち上げで合意したと述べた。

 首相はバイデン氏が就任して初めて米国に迎える外国首脳で、対面形式で会談する外国首脳としても初めて。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ