PR

ニュース 政治

日米会談 首相「同盟の強固な絆確認したい」 バイデン大統領「協力は不可欠」

会談するバイデン米大統領(左)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス(共同)
会談するバイデン米大統領(左)と菅首相=16日、ワシントンのホワイトハウス(共同)

 【ワシントン=杉本康士】菅義偉(すが・よしひで)首相は16日午後(日本時間17日午前)、米ワシントンのホワイトハウスでバイデン大統領と会談した。首相は「自由、民主主義、人権、法の支配といった普遍的価値で結ばれた日米同盟はインド太平洋、世界の平和と安定と繁栄の礎だ。その重要性は高まっている。会談を通じて、日米同盟の強固な絆をあらためて確認したい」と強調した。

 バイデン氏は「日米は大きな課題を抱えている。アジア太平洋の民主主義国であり、協力は不可欠だ。この地域が将来にわたって自由で開かれ、繁栄された地域であることを確保する必要がある。一緒に協力していきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ