PR

ニュース 政治

さいたま市長選 自民“不戦敗”が現実味 同床異夢の市議会2会派

 鶴崎敏康団長は、清水氏と「信頼関係を築いている」と公言してはばからない。市役所本庁舎移転には所属議員の多くが賛同しているといい、鶴崎氏は「選挙前に移転を正式表明したことは高く評価できる」と語る。対抗馬擁立を「党是」とまで言い切る青羽氏との溝はあまりに深い。

 さいたま市議会では立憲民主党系の「民主改革」(17人)が最大会派の座にある。自民党系会派の所属議員数を単純に合算すれば上回ることができるため、合流して「一つの自民党」(鶴崎氏)を目指す構想は折に触れて浮上してきたが、旧市域間の利害対立などが障壁となり掛け声倒れになっているのが実相だ。

 県議経験を持つ自民党県連重鎮は、さいたま自民党との良好な関係を築いた清水氏の手腕に舌を巻く。

 「自民党が2つにばらけていることをうまく“利用”している。2会派が足並みをそろえることができない限り自民党系市長を誕生させることは難しい…」

(中村智隆、竹之内秀介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ