PR

ニュース 政治

加藤長官、二階氏「五輪中止」発言の評価避ける

記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は15日午後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック開催をめぐり、自民党の二階俊博幹事長が新型コロナウイルスの感染状況次第で中止も一つの選択肢との考えを示したことに関し「二階氏がその後コメントを発表した。そこに全てが書かれている」と述べるにとどめた。

 二階氏は収録後、発言の真意について「東京オリンピック・パラリンピックは、ぜひ成功させたいという思いだ」「何が何でもオリンピックとパラリンピックを開催するのか、と問われれば、それは違うという意味で申し上げたところです」などとのコメントを発表した。

 加藤氏は「最大の課題は新型コロナウイルス感染症だ。安全・安心を最優先に感染状況を注視しつつ、大会に向けた準備をしっかりと進めていきたい」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ