PR

ニュース 政治

自民、「こども庁」創設へ初会合 骨太に関連予算の増額明記へ

自民党「こども・若者」輝く未来創造本部の初会合で発言する本部長を務める二階俊博幹事長(中央)=13日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党「こども・若者」輝く未来創造本部の初会合で発言する本部長を務める二階俊博幹事長(中央)=13日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党は13日、子供に関連する諸課題に一元的に取り組む「こども庁」の創設に向けて議論する党総裁直属の本部の初会合を開いた。本部の設置は縦割り行政の解消を持論とする菅義偉首相(党総裁)が指示。政府が6月ごろに策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」に必要な施策の明記を目指し、文案の作成を進める。

 新たな本部の名称は「『こども・若者』輝く未来創造本部」で、本部長に就いた二階俊博幹事長はあいさつで「子供に関する施策について、子供の視点に立った上で改めて見直しを行い、すべての子供に届くように早急に議論を深めたい」と意欲を示した。

 骨太には、子供にかかわる政策を総合的に担う専任閣僚の必要性や、関連予算の増額、いじめや虐待をなくすための社会的機能の構築といった具体策を反映させたい考えだ。

 初会合では子供行政を担う厚生労働省や文部科学省、内閣府などから聞き取りを行い、首相に「こども庁」創設を提言した若手議員が内容を説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ